アプリ&レビュー

2022/09/22

実在した「巨大樹ユグドラシル」なぜ伝説は隠されるのか?


image
<超古代に実在した世界を覆う巨大樹ユグドラシルの証拠が判明 より>


北欧神話に登場する、架空の巨大樹ユグドラシル。 世界を体現する巨大な木で、伝説では「アースガルズ」「ミズガルズ」「ヨトゥンヘイム」など、9つの世界を内包すると言われています。
そんなユグドラシルが実在していたのではないかという痕跡が、世界中に残っているんです! その事実は隠されてきたという都市伝説が語られています。

巨木伝説のなごり!?


「この世に森や山は存在せず、あったのは見上げることもできない巨木たち」という内容で語られている巨木伝説。
なんと日本にも、3000メートルの木が橋として使われたという記録が「日本書紀」に残されています。この巨木が倒れる前には、木がつくる日陰によって、1592メートルの阿蘇山が隠れたという驚きの逸話も……。

<超古代に実在した世界を覆う巨大樹ユグドラシルの証拠が判明 より>

伝説にとどまらず、今の世界にも巨木の名残は存在しています。例えば、アメリカ・ワイオミング州にあるデビルズタワー。 なんとこれ、巨大な切り株だという説が! デビルズタワーの側面には「柱状節理」と言われる模様があり、クヌギの木などによくみられる模様とそっくりだそう。
他にもチュニジアのジュンガリア台地や、アメリカのモニュメントバレーなど、切り株のように見える場所は世界にいくつも存在しています。

さらに、巨木が生えていた時代には、それを切り倒すことができるほどの巨人も存在していたという伝説も語られています。 こんなにも世界中に痕跡や伝説が残っているのに、なぜ巨木伝説について知っている人が少ないのでしょうか?
なんとそこには、大きな権力が動いて隠蔽されているという、驚きの都市伝説が語られているんです……!

一体だれが巨木や巨人の存在を隠そうとしているのでしょうか? 気になる続きは、YouTubeで動画をチェックしましょう!



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る