アプリ&レビュー

2022/06/11

本堂までの道のりを完全バリアフリー化!ケーブルカー&エレベーター設置で車いすでの参詣も可能!【スマホ豆知識】(動画紹介)

01


寺や神社は、散歩をするだけでも境内の空気に癒されます。しかし、本堂までは長い階段を登ったり、長距離を歩いたりしないといけないことも。和歌山県にはその悩みを解決した、ケーブルカーやエレベーターがあるバリアフリーのお寺があるそうです。


◆動画を楽しむならこちらもチェック

おススメ世界を驚愕させた衝撃映像ベスト5
おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説
おススメNHKプラスの使い方!見逃した番組を好きな時に視聴しよう♪

動画のみどころ

和歌山県にある日本遺産のひとつ「和歌の浦」。ここにある古刹・紀三井寺は、入口から本堂へつながる道に急な石段が231段もあり、参詣を躊躇させる難所として知られています。2022年の春にこの石段の横にケーブルカーが設置され、その先にあるエレベーターを使うことで、本堂参拝の完全バリアフリー化が実現しました。
ケーブルカーを降りてからエレベーターまでの道中には「お砂踏み」と呼ばれる道があるのですが、ここもフラットなため車いすでも通れるようなルートに。

紀三井寺には、日本最大の木造仏像の「大千住十一面観世音菩薩立像」の他に、「楼門」「多宝塔」「鐘楼」といった国指定重要文化財も多くあります。

動画内では普段一般参拝客は、見ることのできない仏像や秘仏を特別に見ることもできますよ! 全国的に珍しい完全バリアフリーの紀三井寺の詳細や歴史は動画でチェックしてみてください♪

動画アプリといえばこちらもお忘れなく



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る