アプリ&レビュー

2022/04/03

「新年度は4月から」は日本だけ?その理由とは?【スマホ豆知識】(アプリレビュー紹介)

01


4月といえば、入学式や新学期のシーズン。みなさんは「新年は1月から始まるのにどうして年度は4月からスタートするんだろう?」と疑問を抱いたことはありませんか? じつはこの疑問にはちゃんとしたワケがあったのです。今回は、その理由について紹介していきます。

◆知っていると便利な裏技はこちらでも楽しめます!

おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説

4月に新年度を迎える理由

日本では、「新年度は4月から」というイメージが強いですが、アメリカをはじめ、イギリスやフランスといった外国では主に9月に入学式を行います。ではなぜ、日本は4月に新年度を迎えるのか、その理由には「会計年度」が大きく関係していました。会計年度とは、会計の事務作業などを行うため一定の区切りで設けられた一年の期間のことです。

明治19年に国の会計年度が3月から4月に行われるようになり、当時の文部科学省の指示で4月入学となったといわれています。理由は、国の会計年度に合わせることで、学校運営に必要な資金を調達するのに都合がよかったから、だそうです。

いかがでしたか? 当たり前すぎて疑問と感じなかった、理由までは知らなかったという人も多いでしょう。このような思わず「へぇ~」といってしまう雑学は、動画共有アプリYouTubeで紹介されています。「生活 便利 雑学」といったようなワードで検索すれば、関連する動画がズラリと並ぶのでぜひ気になる人はチェックしてみてくださいね。

YouTubeアプリをダウンロードするならこちら!



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る