アプリ&レビュー

2019/04/10

【新紙幣発表】2024年に新たな顔となる3人、実はこんな偉人だった!

現在使われている1万円札、5千円札、千円札の紙幣デザインを一新することが発表されました。紙幣は2024年を目途に刷新される予定で、これは最後に一新した2004年から20年ぶりの出来事。最新の3Dホログラム技術やユニバーサルデザインが盛り込まれたお札に、早くも期待が高まっています。



image

新紙幣それぞれの顔は1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎に決定。今まで使っていたお札の顔ぶれに慣れているせいか、「どんな人なんだろう?」と疑問を持った人も少なくないはず。そこで今回は一新される紙幣の偉人たちや、デザインされている日本の名所をご紹介します。

新1万円札 渋沢 栄一


表には「資本主義の父」と呼ばれる渋沢 栄一(しぶさわ えいいち)氏。起ち上げた会社の中には日本で最初の銀行である第一国立銀行(現みずほ銀行)や東京ガス、キリンビールなどがあります。一方裏面は、"赤レンガ駅舎"として人々から親しまれてきた歴史的建造物「東京駅」。1945年には空襲による火災で駅舎の屋根などが焼失してしまいましたが、2012年には復元工事を完了し、現在も美しい姿を保っています。

【表】

image

【裏】

image

お札チェック!

 左のホログラムの中には日本を象徴するような「桜」のデザインがある

 「福沢諭吉」のお札と比べるとカラフルになっている

 数字の「1」の部分が千円札と違う

新5千円札 津田 梅子


表の肖像は津田 梅子(つだ うめこ)氏。岩倉使節団に随行した最初の女子留学生の一人で、帰国後は1900年に女子英学塾(現 津田塾大学)を設立するなど、近代的な女子高等教育に尽力しました。そして裏面には藤の花が描かれています。古事記や万葉集にも登場し、花言葉は「優しさ・歓迎」。まさにこれからの時代にふさわしいデザインといえそうです。

【表】

image

【裏】

image

お札チェック!

 裏面の花は現行のカキツバタから藤の花に

 淡い桃色のカラーリングでより女性らしい印象

 ホログラムの帯が一万円札と違う

次のページ 新千円札 北里 柴三郎
  • 1
  • 2

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る