正解は「松坂屋」。日本の百貨店の多くは呉服問屋から始まり、昭和の時代に入ると巨大な建物の中に多数の品物をそろえる百貨店スタイルに発展していきました。

松坂屋の起源は1610年に名古屋で呉服小間物問屋を開業したところまでさかのぼります。ついで1673年に江戸で「越後屋」を開業したのが三越の前身、1717年に京都で誕生したのが大丸の起源となる「大文字屋」でした。

さあ、もう1問をクリアしてdポイントくじに挑戦しよう!


2問目へ挑戦!