アプリ&レビュー

2022/05/23

「いましかできないことがある」バイクレーサーに転身した情熱の源とは【スマホ豆知識】(動画紹介)

01


サーキットを走る最高速度は時速250キロ以上、一歩間違えると危険な乗り物でもあるバイク。しかしそんなバイクの世界に魅力を感じ、九州最高齢の70歳で現役バイクレーサーをしているのが橋爪浩二さんです。その生活に密着すると、彼の情熱的な生き様が見えてきました。


◆動画を楽しむならこちらもチェック

おススメ世界を驚愕させた衝撃映像ベスト5
おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説
おススメNHKプラスの使い方!見逃した番組を好きな時に視聴しよう♪

動画のみどころ

バイクに乗っていないときの橋爪さんは、自転車に乗り地域自治体の活動にも参加する、どこにでもいそうな普通のおじさん。学生時代から憧れていて、43歳のときにサーキットデビューしたそうです。しかしその後、なかなか趣味に費やす時間がとれなかったそうで、落ち着いたころには65歳になっていました。それでも「自分の人生、いましかできないことがある」と、バイクに没頭する日々が始まりました。

現在週2回ほど大好きなバイクと共にサーキットに通う橋爪さん。一緒に走る橋爪さんよりも若いレーサーいわく、「僕より速い」と語ります。高齢がハンデにならないように、ジムや水泳トレーニングで体力づくりを欠かさないストイックさが、ここまで続けられる原動力なのでしょうか。

実際にレースで競い、自己ベストを更新する姿を見ることもできますよ。人生を全力で楽しむ70歳バイクレーサーの姿は動画でご覧ください!

動画アプリといえばこちらもお忘れなく



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る