アプリ&レビュー

2022/04/29

「メタバース」って何?いまさら聞けないネット用語解説!

最近テレビやインターネットで話題になるあのトレンドワード、意味は理解できていますか? 「いまさら聞けないネット用語解説」のコーナーでは、流行りの言葉の意味と使い方を紹介! 今回のテーマは、ニュースで取り上げられることも多い「メタバース」について解説します。



「メタバース」ってどんな意味?


image01

解説1 「メタバース」は仮想空間


メタバースは、コンピュータやインターネット上の「仮想空間」のこと。利用者は自分の分身であるアバターを使い、オンライン上で他社と交流しながら買い物やコンサートなどが楽しめます。もっとわかりやすくいうなら、「もうひとつの現実」を体験できる場所といってもいいでしょう。 ちなみに、メタバースが広く知られるようになったのは、「Facebook」が「Meta」に社名を変更し、メタバースの実現に向けて本格始動したことがきっかけ。メタバースの持つ新たな可能性に目を付けたほかの企業も、続々と参入しています。

解説2 「メタバース」の語源は?


メタバースは、超越した・高次のという意味を持つ「メタ(meta)」と、宇宙を指す「ユニバース(universe)」を組み合わせた造語です。その意味からもわかるように、「違う次元の世界」を表しています。

解説3 実はもう「メタバース」を体験している!?


メタバースは、オンライン会議やバーチャルライブ、ゲームでも活用されています。なかでもわかりやすいのは、社会現象になったニンテンドースイッチ用のゲーム「あつまれ どうぶつの森」も、実はメタバースだということ。ゲームの内容は、新たな住人として島に引っ越したプレイヤーが、どうぶつたちと生活を始めるというものです。現実世界に体がありながらも、行動するのはゲームの仮想空間。この空間こそがメタバースです!



▼スマホの疑問はこちらでチェック!



大画面で確認するならコチラ 【徹底解説】Androidでできる「100」の便利な使い方!



image01

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る