アプリ&レビュー

2022/04/04

なぜ電気自動車ではない?トヨタが水素エンジンで脱炭素へ挑む理由【スマホ豆知識】(動画紹介)

01


世界では、多くの自動車メーカーが電気自動車にシフトしています。そんな中、自動車メーカー「トヨタ」は水素とエンジンを組み合わせて脱炭素に挑んでいるといいます。その開発の様子を映した動画がこちら!


◆動画を楽しむならこちらもチェック

おススメ世界を驚愕させた衝撃映像ベスト5
おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説
おススメNHKプラスの使い方!見逃した番組を好きな時に視聴しよう♪

動画のみどころ

トヨタが開発しているのは、レースで戦えるほど速い水素エンジンを搭載した自動車「水素カローラ」。車から出ている煙は、二酸化炭素ではなく水蒸気です。

世界では、二酸化炭素などの温室効果ガスを実質的に排出しない「カーボンニュートラル」を目指す動きが加速していて、電気自動車の開発が進んでいます。しかし、トヨタは電気自動車に加え、水素エンジンを含めた複数の選択肢でアプローチしているといいます。その理由を、動画の7:00から豊田社長が熱く語っています。いったいどんな想いがあり、開発に挑んでいるのでしょうか?

この動画を見た視聴者からは「マジで水素エンジンが主流になって欲しい」「この取り組みが正当に評価されることを願ってます! 頑張れトヨタ!」といった多くの反響が寄せられていました。

動画アプリといえばこちらもお忘れなく



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る