アプリ&レビュー

2022/03/29

「元東大研究員」が漁師に!?華麗なる転身のワケとは 【スマホ豆知識】(動画紹介)

01


対馬市に移住した一本釣りの漁師、36歳の銭本 慧さん。釣るだけではなく、自ら捌きさらに販売までを手がけています。元々は東大大学院の研究員だった彼が、漁師になったワケとは……?


◆動画を楽しむならこちらもチェック

おススメ世界を驚愕させた衝撃映像ベスト5
おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説
おススメNHKプラスの使い方!見逃した番組を好きな時に視聴しよう♪

動画のみどころ

幼いころから父親の影響で釣りが好きになり、長崎の大学では水産学部に学び、その後、東京大学の大学院に進学。そこで環境学博士の学位を習得し、海洋環境についての研究員をしていました。
「研究するだけではなく、実際に水産に携わる人たちと活動したい!」との思いで自らも漁師となるべく転身することにしたのだそう。

銭本さんは夕方に家を出て、漁に向かいます。この日ねらうのは450g以上のマサバ「いなサバ」。大きなものは一升瓶ほどのものもいるのだとか。釣り上げた魚たちは、すべて自分で捌き、翌日にはインターネットで直販を行います。これも研究によって疑問に感じていた流通を、自分で解消していこうという試みのようです。

しっかりと研究したうえで漁までこなす銭本さん。その素晴らしい思いや仕事ぶりを動画でご覧ください。

動画アプリといえばこちらもお忘れなく



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る