アプリ&レビュー

2022/03/17

アルミンの銃創に隠された衝撃の意味!?アニメで判明した残酷な展開とは?【進撃の巨人考察】

 
image
<「進撃の巨人 The Final Season Part 2」公式サイトより>

『「進撃の巨人」The Final Season Part 2』第85話では、調査兵団内の対立が明るみになる重要な局面が描かれました。なかでもファンが盛り上がったのは、アルミンとコニーが選択を迫られるシーン。敵対する仲間から銃を向けられた2人は、かつてベルトルトが言っていた「誰かがやらなくちゃいけないんだ」という言葉を思い出し、残酷すぎる決断をすることに……。
一見「情に厚いコニーと聡いアルミンが武力行使に出るほど追い詰められている」と受け取れますが、85話内には2人が銃を手に取る理由となった重要な描写が隠されています。


衝撃!アルミンの銃創に隠された意味とは!?


image
<「進撃の巨人 The Final Season Part 2」公式サイトより>


コニーとアルミンが応戦にいたる決定的なシーンとして描かれているのは、85話の終盤。「飛行艇を爆破しろ」と命令する104期生の兵士・サムエルと対立する場面。
爆破装置に手をかけた仲間を止めるため、アルミンが「やめろ!」と一歩前に出た瞬間、3発の銃弾がアルミンを貫きます。ここで注目すべきは、アルミンが怪我を負った場所。

知性溢れるキャラクターとして描かれてきたアルミンは、物語の局面において相手を諭すことで問題を解決してきました。このことを考えると、「やめろ!」に続く言葉には、相手を納得させる理由が出てくると予想できるでしょう。しかし、アルミンが撃たれたのは「舌」。口内を怪我してしまえば、相手と話し合うことはできません。

そのあとに続くアニメオリジナルシーンでは、アルミンたちの置かれた状況にさらに意味を与えます。 仲間同士の争いを離れた崖から見守るイェレナたちは、その様子を見ながら「人から暴力を奪うことはできない」と一言。その後、言葉による説得が困難になったアルミンとコニーは、涙を呑んで戦う展開に……。賢いアルミンでさえ最終手段に「暴力」を取らざるを得ない残酷な状況を表す印象的なワンシーンと言えるでしょう。

関連記事進撃の巨人「二千年後の君へ」の伏線が明らかに!
関連記事【衝撃】巨大人面がマップに映り込み騒然!リアル「進撃の巨人」か!?

敵対するサムエルとダズは、実は〇〇だった!?


85話に隠された謎は「アルミンの銃創」だけじゃない! 2人と対立した兵士、サムエルとダズは実は物語の序盤ですでに登場していたことは気が付きましたか? 彼らが一体どんな兵士だったかは、これまでの物語を動画配信サービスで復習すると分かるはず!?

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る