アプリ&レビュー

2022/03/15

iPhone「マスク着用時のロック解除」ついに解禁!設定方法は?

Appleは3月15日(火)にiOS15.4をリリース。iPhone 12以降のモデルで、マスクを着用したまま「Face ID」で画面ロックを解除できる機能などが追加されました。



image01
<Apple公式サイト より>


マスク生活が続く中、「Face IDが使用できない」と嘆く声も多く、指紋認証機能の復活を求める人もいたはず。それが今回のアップデートでマスクを着用したまま「Face ID」が使えるようになり、画面ロックを解除する際に顔が見えるところまでマスクをずらしたり、パスコードを入力したりする必要がなくなります。

「今すぐ使いたい」という人のために、iOS15.4へのアップデートと「Face ID」の設定方法を解説します。

iPhoneのソフトウェアアップデート方法


まずはソフトウェアが最新の状態になっているか確認を。iPhoneの「設定」アプリの中にある「一般」を選択し、「ソフトウェア・アップデート」をタップ。

image01

最新の状態でない場合は左の画面が、すでに最新なら右のような画面が表示されます。更新が必要な人は「ダウンロードしてインストール」をタップしてしばらく待ちます。

image01

更新完了の通知が届いたら、パスコードを入力して画面ロックを解除。あとは手順に沿って進めれば、すぐにスマホが使えるようになります。ソフトウェアの更新は時間がかかることもあるため、就寝中にインストールするのがオススメ。

マスク着用時も「Face ID」使用可能にする設定方法


iOS15.4のアップデートが終わるとすぐに「Face ID」の設定に進めますが、時間がないなどの理由で「あとでセットアップ」を選択した場合は、以下の手順でいつでも設定できます。

「設定」アプリ内の「Face ID とパスコード」を選び、「マスク着用時 Face ID」という項目をオンに。

image01

次に「マスク着用時にFace IDを使用する」をタップするとスマホのカメラが起動し、顔のスキャンが始まります。マスクやメガネはいったん外して、円の中に顔が入るように意識しながらグルっと頭を回しましょう。

image01

「マスク着用時にFace ID」の登録が完了すると、その項目下に「メガネを追加」というオプションが追加されます。普段メガネをかけている人はこのセットアップも行うことで、より正確に顔を認識するように。ちなみに、メガネは複数登録することが可能です。

マスク着用時にも「Face ID」が使えるのは、顔認証機能がついたiPhone 12以降のモデルのみ。そろそろ機種変更しようかなと悩んでいた人は、これを機に最新のiPhoneに乗りかえるのもいいかもしれません。

おすすめドコモ公式アプリ





アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る