アプリ&レビュー

2022/03/15

新型「iPhone SE」が1万円以下に!?割引後の本体価格がスゴイ!

2022年3月18日(金)より発売される「iPhone SE(第3世代)」。本機種でも、手に持ちやすいコンパクトなサイズ感やホームボタンの搭載など、シリーズならではの機能が継承されています。また5Gにも対応し、ついにSEシリーズでも高速通信でネットが楽しめるように。



image01
<Apple公式サイト より>


そんな「iPhone SE(第3世代)」のドコモオンラインショップでの販売価格は、64GBモデルが65,230円(税込)、128GBモデルが75,097円(税込)、256GBモデルが94,248円(税込)。「iPhone 13」シリーズと比べると価格が手ごろなうえ、これにドコモの割引を適用すると、なんと本体価格が1万円以下で購入できる場合も。ここでは、驚きの割引内容を紹介します。

ドコモ「iPhone SE(第3世代)」の販売価格と割引内容


ドコモにはさまざまな割引プランが用意されています。「iPhone SE(第3世代)」の対象となるプランは、スマホを返却することで本体の負担額が減る「いつでもカエドキプログラム」、他社からの乗りかえで5Gスマホを購入したときに適用される「5G WELCOME割」。ドコモ公式サイトにて、各モデルの割引適用後の価格が発表されました。

■新規/機種変更(5G→5G)/契約変更(FOMA・Xi→5G)の場合


「いつでもカエドキプログラム」とは、ドコモが設定した「残価」を差し引いた額を分割で支払うというもの。24回払いの場合、1回目から23回目までは残価を差し引いた金額を分割で支払い、24回目で残価を支払います。つまり、対象機種を23か月目までに返却すると、残価の支払いは不要になり、支払い負担額合が減るというわけ。もちろん、24か月目以降も継続してスマホを利用することも可能。

image01
<ドコモ公式サイト より>


例えば、新規/機種変更/契約変更で64GBモデルを購入した場合、「いつでもカエドキプログラム」を適用すると通常価格が65,230円(税込)のところ、負担額がなんとほぼ半額の33,310円(税込)に。さらに、22か月目までにスマホを返却すると24か月目の残価が不要になるほか、早期利用特典として返却後の分割支払金も割引かれます。

■MNP(他社3G/4G/5G→5G)の場合


image01

他社からの乗りかえなら「いつでもカエドキプログラム」に加え、「5G WELCOME割」も適用されるため、新規/機種変更/契約変更よりもスマホの本体価格がおトクに。この割引を適用すると、どの「iPhone SE(第3世代)」モデルも22,000円(税込)の割引を受けられ、64GBモデルなら実質負担8,010円(税込)で入手が可能。ほかにも128GBなら11,857円(税込)、256GBなら20,188円(税込)と、新機種とは思えないビックリ価格に!

とってもおトクなドコモの「iPhone SE(第3世代)」。以下のドコモオンラインショップより詳細の確認や予約ができます。


おすすめドコモ公式アプリ





アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る