アプリ&レビュー

2022/04/02

iPhone SE(第3世代)は何が変わった?進化した5つのポイント【5G】

02

2022年3月18日(金)に発売された「iPhone SE(第3世代)」。このシリーズの特徴といえば、手に持ちやすいコンパクトなサイズ感やホームボタンを搭載していること。いまなお根強い人気を誇るSEシリーズですが、最新モデルではどんな機能が加わったのでしょうか。前モデルの「iPhone SE(第2世代)」と比較しながらその特徴を見ていきましょう。



▼NTTドコモ 5G-希望を加速しよう。

「iPhone SE」の第3世代と第2世代では何が違う?


「iPhone SE(第3世代)」は、画面サイズやホームボタンの指紋認証システムなどはそのままに、カメラ機能やバッテリー容量、プロセッサーなどが向上しました。主なスペックの比較は以下の通り。

  iPhone SE(第3世代) iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ 約4.7インチ 約4.7インチ
重量 144g 148g
カメラ 広角(f値1.8) 広角(f値1.8)
バッテリー 最大15時間のビデオ再生 最大13時間のビデオ再生
プロセッサー A15 Bionicチップ A13 Bionicチップ
ストレージ 64GB/128GB/256GB 64GB/128GB
セキュア認証 Touch ID Touch ID


■カメラには「iPhone 13」シリーズと同様の最新機能を追加


第3世代のカメラは、第2世代と同じ広角(f値1.8)のシングルレンズですが、大きく進化したところも。例えば、複数の画像を合成して細かい描写ができる「Deep Fusion」、明暗差が大きなシーンでも被写体をきれいに写し出す「スマートHDR 4」、トーンと暖かみの値を調整できる「フォトグラフスタイル」といったiPhone13シリーズと同じ機能が使えるように。より鮮やかできめ細かい一枚に仕上がります。

■バッテリー容量がアップ


ビデオ再生した場合でそれぞれのバッテリー持ちを比較すると、第2世代は最大13時間使用できたのが、第3世代では最大15時間にパワーアップ。スマホのバッテリーは端末が大きいほど容量も大きくなる傾向にある中、iPhone SEシリーズのコンパクトなボディでこれだけ電池が長持ちするなんて、画期的な進化といってもいいのでは!?

■Appleの最速プロセッサーを搭載


スマホを操作したときにさまざまな情報を処理してくれることから「スマホの脳」ともいわれるプロセッサー。ここにも大きな変化があり、第2世代で搭載されていた「A13 Bionicチップ」から、最新の「A15 Bionicチップ」に進化しました。このチップは現時点でiPhone史上最速で、iPhone13シリーズと同じ性能。iPhoneの特徴でもある「なめらかな操作性」がより向上しました。

■ストレージ容量に「256GB」が追加


第2世代の容量は最大128GBですが、第3世代で256GBのモデルが登場。最近のスマホは写真の解像度が上がったことで容量が大きくなりがち……、という悩みも多い中、大容量モデルが追加されたことで動画や音楽をたっぷり保存できるように。

■新型「iPhone SE」はついに5Gに対応!


5Gスマホに乗りかえる人が増えている中、第3世代でついに5Gに対応しました。この頃、徐々に拡大している5Gエリア。第2世代までは4G回線しか使えないため、自宅や職場ですでに5Gが使えるなら、このタイミングで乗りかえを検討するのもあり。動画や音楽のダウンロードが超高速で完了しますよ!

なお、5G対応機種をはじめて利用する場合は、料金プランの見直しが必要。ドコモでは「5Gギガホ プレミア」「5Gギガライト」など、5Gスマホ専用の料金プランが用意されています。なかでもオススメなのは「5Gギガホ プレミア」。毎月データ量が無制限なので、速度制限の心配をする必要がなく、動画や音楽を思いのままに楽しめます。詳しい内容や月額料金は、以下のドコモ公式サイトをご確認ください。

▼NTTドコモ 5G-希望を加速しよう。

ドコモが提案する5Gの世界

 NTTドコモ 5G-希望を加速しよう。

 順次拡大中!5Gエリアマップ

 爆速体験を最新機種で!5Gスマートフォン


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る