アプリ&レビュー

2022/03/25

もう右折は諦めるしかない?どこなら曲がれるのか難しすぎる標識【スマホ豆知識】(動画紹介)

01


街中にはそこに住んでいる人でなければ「なんだこれ!?」と思ってしまうような不思議な標識や、気を付ける必要のある複雑な道があります。そんなややこしい道路を調査した動画をご紹介。


◆動画を楽しむならこちらもチェック

おススメ世界を驚愕させた衝撃映像ベスト5
おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説
おススメNHKプラスの使い方!見逃した番組を好きな時に視聴しよう♪

動画のみどころ

まずは運転時に発見した謎の標識。前方向に進む矢印のほかに、右方向の矢印が2本あるのですが、さらに中途半端な線が3本伸びています。この標識の矢印は、進んでよい方向を示していて、矢印のない中途半端な線は進入禁止を示しているのだとか。初めて見たら理解できない人がほとんどだという謎の標識でした。

続いては群馬県のとある住宅街に入ると現れる、1本の通りにたくさん並ぶ「止まれ」の標識。400mの距離にずら~っと「止まれ」「止まれ」「止まれ」……。なんと片側だけで13個もありました! はたして全部で何か所あったのでしょうか!?
大量の標識の理由は、ここは碁盤の目のようになっている住宅地で、その角のすべてに「止まれ」があるそう。

他にも近隣の人でも迷ってしまうことがあるという、不思議でややこしい道路がたくさん! その数々は、動画でご覧ください。

動画アプリといえばこちらもお忘れなく



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る