アプリ&レビュー

2022/03/24

たった3回包丁を入れるだけで華やかに♪意外に簡単な飾り包丁のやり方【スマホ豆知識】(アプリレビュー紹介)

01


お弁当やサラダ、副菜や器の彩りに添えられることの多いキュウリ。リーズナブルでヘルシー、そのまま生のまま食べられることから使用頻度の高い野菜です。今回は、そんなキュウリをかわいく切る方法を紹介。いろんなアレンジを試して、見た目でも料理を楽しんでみましょう。

◆知っていると便利な裏技はこちらでも楽しめます!

おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説

飾り切りのひと工夫で料理がワンランクアップ!

キュウリは切りやすく、デコ盛りアレンジしたい初心者におすすめの食材。同じく飾り切りで人気の人参に比べて包丁が入りやすく、大根ほど水分が抜けてしなることもなく、扱いやすいのが特徴です。なにしろ、失敗してもそのままパクっとつまみ食いもできちゃいます♪

飾り切りで一番簡単なのは「竹」。8㎝ほどにカットしたキュウリの真ん中に縦に切り込みを入れ、切れ目がまな板と平行になるよう置き直したあと中心までななめに切り込みを入れます。そのあと180°回転させて反対側にも同じ向きで切り込みを入れ、立てて置いたら完成。竹のように先端が凛とした佇まいに!

01


ほかにもリンゴの飾り切りで有名な「木の葉」や、切り込みを左右互い違いに傾けて松の葉に見立てる「松」など、皮と身のコントラストを楽しめるアレンジがたくさん。手軽にできるので、ちょっと華やかな添え物をしたいときにお試しを。

このようなちょっと知っておきたい情報は、動画共有アプリYouTubeで紹介されています。「料理 テクニック」といったようなワードで検索すれば、関連する動画がズラリと並ぶのでぜひ気になる人はチェックしてくださいね。

YouTubeアプリならこちらからダウンロード!



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る