アプリ&レビュー

2022/03/02

世界新がでるかも!?2年ぶりの東京マラソンは男女世界記録保持者が参戦

2021年は中止された東京マラソンが1年遅れの2022年3月6日(日)に「東京マラソン2021」として開催されます。今大会の注目はなんといっても、マラソン世界記録保持者が男女そろって出場すること。好タイムが頻出する東京マラソンということもあり、世界記録更新の期待が高まっています!


image

東京マラソンとは

東京都庁前をスタートし、浅草の雷門前や銀座のど真ん中といった東京都心の名所を回るマラソン大会。2007年に始まり、初期のころは市民マラソン色が強く、多くの芸能人などが参加して話題になりました。

image

2013年からはボストンやベルリン、シカゴなど同じワールドマラソンメジャーズに加入し、シーズンの開幕戦という位置づけに。また、前回の2020年大会では、大迫傑選手が当時の日本新を更新するなど、順位だけでなくタイムにも注目が集まります。

image

東京マラソン2021の見どころ

1年遅れて開催される東京マラソン2021は見どころが満載! ここでは、前回から一部変更のあったコース、出場選手、タイムの3つのポイントをチェックしていきましょう。

■秋葉原エリアが追加された新コース

東京マラソンは2017年にコースが変更され、通過エリアをはじめゴールも東京ビッグサイトから東京駅に変わりました。東京マラソン2021では、さらに細かい変更が加わり、新たなエリアが追加されています。
その変更点はスタートにも。これまでは都庁前を北に向かってスタートしヒルトン東京前を右折しましたが、今年は南向きになり、新宿ワシントンホテル前を左折し、すぐに議事堂南交差点を左折するルートに。

image

また、従来は外堀通りの飯田橋から靖国通りへ向かいましたが、今大会ではもう一駅先の水道橋の交差点を右折して神保町に向かいます。さらに、いままでは須田町交差点から中央通りに南下したルートを変更。真逆の北方向へ進み、万世橋を渡って秋葉原を抜けて上野広小路の松坂屋前で折り返す部分が追加されました。

image

新しいコースはYouTube動画で確認できるので、ぜひランナーの目線でお楽しみください♪


■世界記録保持者がそろって参加

東京マラソン2021は、男女のマラソン世界記録保持者がそろって参加することが決定! 特に2時間1分39秒の男子記録を持つケニアのリウド・キプチョゲ選手は、2016年のリオデジャネイロ、昨年の東京大会(会場は札幌)でも金メダルを獲得した注目のランナーです。
日本人選手も、日本記録2時間4分56秒をもつ鈴木健吾選手(富士通)が参戦。世界のトップランナーとどんな走りを見せてくれるのか期待が高まります。

女子は、2019年のシカゴマラソンでこれまでの記録を1分21秒も縮め、16年ぶりに世界記録を更新したリジット・コスゲイ選手(ケニア)が東京マラソンに初参加。自ら持つ2時間14分4秒の世界記録を塗り替えるでしょうか?
16年前に野口みずきさんが残した日本記録2時間19分12秒を、2時間20分29秒の自己記録を持つ一山麻緒選手(ワコール)が更新できるかといった点も見逃せません。

image

■記録の期待がかかる高速コース

東京は坂と川の街といわれるように、山の手エリアはアップダウンの激しい土地です。そんな地形でありながら、東京マラソン2021は序盤の長い下りを除くとほぼ平坦。数少ない登りは隅田川を渡る蔵前橋くらいのため、タイムが出やすいコース設計になっています。リウド・キプチョゲ選手などトップクラスのランナーが、前半を61分00秒から61分20秒で折り返し、後半ペースアップを図ることができれば世界新記録の更新があるかもしれません!

image

アメリカで開催されるオレゴン2022世界陸上などの選考競技会であり、2024年パリ大会選考会レースMGC(マラソングランドチャンピオンシップチャレンジ)への進出条件の設定された東京マラソン2021。日本人選手にとって、国際大会への切符を手に入れるチャンスとなっています。海外の招待選手と最後まで競り合い、銀座や芝、日比谷公園を並走している姿を期待しましょう。

image

東京マラソン2021はおうちで応援

東京マラソン2021がスタートする3月6日はおうちで家族そろって応援・観戦を! テレビやネットの配信情報は次のとおりです。

■テレビ放送

  • 生中継
    日本テレビ系列
    9:00~11:50
  • 東京マラソン2021 ダイジェスト
    BS日テレ
    18時30分~21時00分

■ネット配信

  • 生配信
    Hulu
    9:00~11:50


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る