アプリ&レビュー

2022/10/26

【重要】緊急時に役立つ「LINE」の便利な使い方7選

いつ、どんなかたちでやってくるのかわからない自然災害や事故。被害の状況がわからなかったり、大切な人と連絡がとれなかったりすると、だれでも不安に駆られるものです。そんな「もしも」のときに冷静に行動し、被害を減らすためには、日ごろからの備えがとても大切。ここで紹介するLINEの便利機能を活用して、緊急時に役立てましょう。



image01

今すぐできるLINEの便利な設定と使い方


緊急時に備えて知っておきたいLINEの便利な機能。それぞれの設定方法を紹介します。

目次

・LINEで防災速報を受信する

・家族や友だちとグループを作成

・避難場所などを「ノート」にまとめる

・位置情報機能を活用する

・重要なメッセージは「アナウンス」機能で目立たせる

・「リアクション」機能で簡潔なやりとり

・名前を変更することですぐに安否がわかる


■LINEで防災速報を受信する

LINEの公式アカウント「LINE スマート通知」を友だち追加すると、トークで防災速報が受け取れるようになります。このサービスは「Yahoo!防災速報」と連携していて、地震情報、津波予報、土砂災害、河川洪水といった9種類のニュースに対応。受け取りたい情報を選べるほか、最大3つの地点を登録できるため、離れて暮らす家族の周辺状況も素早くキャッチ。設定方法は以下の通りです。

1.LINEホームの検索欄から「LINE スマート通知」を検索し、友だち追加する

image01

2.トーク画面下部にある「スマート通知設定」の中から「防災速報」を選択

image01

3.通知をオンにして、受信する地域や情報を選べば完了!

image01

■家族や友だちとグループを作成


緊急時は、まず自分の身の安全を確保することが大切。そんな中で家族や友だちと個別に連絡をとろうとすると、時間を取られてしまったり、トーク一覧が煩雑になって管理しきれなくなったりする可能性も。そこで活用したいのが、一度に複数人と連絡できるグループトークです。以下の手順でグループを作ってみましょう。

1.ホームの右上にある「友だち追加」のアイコンをタップしたら「グループを作成」を選択

image01

2.追加する人を選択し、グループ名やアイコンを設定したら「作成」ボタンを押すだけ

image01

■避難場所などを「ノート」にまとめる


LINEには、トークのグループごとに「ノート」を作成できる機能があります。「ノート」はわかりやすくいうと掲示板のようなもの。重要なテキストを保存しておくことで、煩雑になりがちなグループトークが管理しやすくなります。例えば、家族間で決めた避難場所をメモする、離れて暮らす家族の住所を書いておくといった使い方もオススメ。

1.トーク画面右上のメニューボタン「≡」から、「ノート」を選択

image01

2.画面右下の「+」をタップしてテキストを入力したら「投稿」をタップ

image01

投稿した内容はトークに送信されるので共有するのも簡単。作成した「ノート」を確認したいときは、追加手順と同じ操作で見返すことができますよ。

■位置情報機能を活用する


外出中にアクシデントが起きた場合、地名などがわからないと今いる場所を詳しく伝えられない可能性も。そんなときはLINEの位置情報機能を使います。スマホのGPS機能をオンにしたら、以下の手順で簡単に現在地を知らせることが可能。

1.トーク画面の「+」をタップして「位置情報」を選択

image01

2.マップ上でピンが正しい場所にあることを確認したらトークに送信!

image01

マップ上で場所を確認できるため、慣れない土地にいても正確な位置を伝えられるはず。なお、緊急時はバッテリーの消費を抑えるために、位置情報を送信し終わったらGPS機能をオフにしておくといいでしょう。

■「リアクション」機能で簡潔なやりとり


グループでトークしているときによくあるのが「大事なトークが埋もれてしまう」ということ。例えば、「了解」「ありがとう」といったメッセージやスタンプがいくつか続くと、過去の投稿を遡るのも大変……。返信不要なメッセージには「リアクション」機能が活躍します。

・反応したいメッセージを長押しして、好きな絵文字を選択するだけ

image01

既読だけでは誰がメッセージを確認したのかわかりませんが、リアクション機能はだれがどの絵文字を貼ったのかがわかるため、「確認しました」という意思が示せます。反応する絵文字を間違えてしまった場合は、絵文字の部分を再度タップすることで変更も可能です。

■重要なメッセージは「アナウンス」機能で目立たせる

災害や事故が発生すると、みんなの状況を確認するためにトーク画面が煩雑になりがち。そんな中で流れる「非常用の防災袋はリビング棚の下段にあるよ」「近所の川が氾濫しているから別の道を通って」といった重要なトークは、見落とさないように画面上部に固定するのもいいでしょう。

・固定したいメッセージを長押しして「アナウンス」をタップ

image01

■名前を変更することですぐに安否がわかる


「スマホの充電が少ない」「連絡がたくさんきて返しきれない」というように、緊急時になかなか連絡が返せない可能性も。自分の状況をスマートに伝える手段として、LINEの名前やステータスメッセージに「無事です」「○○小学校に避難中」と入力するのもオススメです。

1.ホームで自分のプロフィールを開いたら「設定」をタップ

image01

2.名前やステータスメッセージを入力

image01

友だちの画面では以下のように見えているので、状況を速やかに伝えられますね。

image01

今回紹介した便利ワザは、どれも簡単な手順で設定できるものばかり。使いたい機能を家族や友だちと共有して、いざというときに役立てましょう。


意外と知らない!? 動画でわかるLINEの便利な活用法


LINEの活用法について紹介しているこちらの動画もチェック。画面上部にメッセージを固定するアナウンス機能、間違えて送信したメッセージを取り消す方法、トーク一覧を見やすく整理するフォルダ機能など、すぐに使える便利な小ワザを解説しています。これらの機能をマスターして、LINEをもっと便利に使いこなしましょう。




大画面で確認するならコチラ今すぐ使える!LINEの裏ワザ・便利ワザ7選

関連タグ

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る