アプリ&レビュー

2021/12/20

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の利用方法や注意点

2021年12月20日(月)より、ワクチン接種の事実を公的に証明できるアプリ「新型コロナワクチン接種証明書」の配信がスタート。デジタル庁が開発したこのアプリがあれば、国内用と海外用の接種証明を取得することが可能に。その申請方法や必要なものをまとめたので見ていきましょう。



image01

デジタル庁の公式アプリ「新型コロナワクチン接種証明書」の概要


ワクチン接種証明書はアプリのダウンロードはもちろん、手数料も無料で発行することが可能。取得に必要なものやアプリの使い方は以下をチェック。

■証明書の取得に必要なもの


アプリを利用するには、マイナンバーカードと、マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)が必要。海外用を発行する場合は、パスポートも手元に用意しておきましょう。

image01

■アプリの使い方


マイナンバーカードをスマホにかざしてカードのパスワードを入力すると、国内用と海外用の接種証明書を取得できます。パスワードを3回間違えるとロックがかかるため要注意。

image01

接種証明書はスマホの画面上に二次元コードで表示されます。ここまで進んだら、あとは必要なときにアプリを起動してコードを読み取ってもらうだけ。一度取得したら以降はアプリを起動するだけでコードが表示されます。なお証明書の取得後に2回目、3回目のワクチンを接種した場合は、再度発行してもらう必要があります。

image01

国内用の接種証明書のみ、コードを読み取ってもらう際に接種記録とともに表示される氏名や生年月日などは、個人情報保護のため表示・非表示を選ぶことが可能。

■スマホの動作環境も確認!


このアプリが使えるのは、マイナンバーカードを読み込むために必要な「NFC」機能のある端末。また、しばらくスマホをアップデートしていないという人は、以下の手順で端末のバージョンも確認しておきましょう。

【Android】
設定アプリ>端末情報>ソフトウェア情報>Androidバージョンが「Android 8.0以上」になっているか確認。

【iPhone】
設定アプリ>一般>情報>システムバージョンが「iOS 13.7以上」になっているか確認。

※機種やバージョンよって項目名が異なる場合があります。


マイナンバーカードを利用して国内用・海外用のワクチン接種証明書が取得できる「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」。その他サービスの詳細は、デジタル庁公式サイトをご覧ください。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ appli_icon
DLbotan1 DLbotan2


関連アプリ


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る