アプリ&レビュー

2021/10/08

【都市伝説】千葉に巨大ミステリーサークル!?UFOの仕業か?

ピラミッドやナスカの地上絵など、一体誰がどうやって作ったのか分からない、巨大な場所や建造物が世界中にあります。そんな不思議なスポットが日本にもたくさんあるということ、知っていますか?



image01

例えば、鳥取県に存在する断崖絶壁に建てられた「投入堂」。投入堂とは、日本建築史上、他に例を見ない特異な建造物。険しい登山道を登った先の絶壁の中に建ち、原則として見上げる地点までしか立ち入ることができません。ここは、現在でもどのようにして建てられたか分からない都市伝説スポットなんです。



image01
 
 
そんな謎だらけのスポットを千葉県でも発見! 
黒いミステリーサークルらしきものを見ることができるのはこちらの座標(35°24'54.6"N 139°53'56.4"E)。 黒っぽい色の模様が、綺麗な円形になっているのが確認できます。拡大してみると……?

image01

上空から見ると、巨大な穴が空いているようにも見えますね。とても自然に生み出されたものとは思えません。新しいタイプのミステリーサークルか、もしかしてUFOの基地が千葉県に!?

image01

そして、驚くべきはその大きさ。Googleマップ上で距離を測ってみると、直径約160m以上も! 日本では、1990年に福岡県で直径20メートルと5メートルのサークルが出現したという記録がありますが、それと比べてみると今回発見されたものはかなり巨大。

角度を変えて見てみると、黒い部分は凹んでいることがわかります。一体なぜこんな形をしているのか、謎は深まる一方……。

image01

もしかして、こっそりUFOと交信していた証拠なのでしょうか? 自然にできたとは思えないまるで魚の眼のような形、オカルト好きならワクワクが止まらないはず!

黒いミステリーサークルのような場所の正体は?


image01

奇妙な場所の正体は「浸透実験池跡」と呼ばれている池。現在は使われていませんが、かつて小櫃川の流水を冷却水として用いる実験など行っていたようです。周辺に人の気配は無く、海も近いので不思議な雰囲気が漂っていますね。
今回は人工的な場所でしたが、日本にもまだまだ見つかっていない奇妙なスポットが隠れているかも……? 信じるか信じないかはあなた次第です!

周辺の風景をさらに楽しみたい人は下のマップで探索してみてくださいね!




都市伝説アプリまとめ

machiuke

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る