アプリ&レビュー

2021/10/04

スマホ検索がめちゃくちゃ楽になる4つの便利技

気になる物事を調べるときに便利なスマホとアプリ。だいたいのことは「Google」や「Yahoo!」で文字検索することが多いですが、ちょっと待って! じつは調べたいシチュエーションによって、検索アプリを使い分けるとより便利に、詳しい情報がゲットできるんです。今回は知ってトクする4つの検索方法をご紹介しましょう!



image01

スマホで調べものをしたい!


例えば気になる言葉を調べたいとき。「Google」の検索入力で文字を打ち込めば確かに求めていた情報に出会えるでしょう。でもそれが読めない漢字だったら? 場所を示す情報だったら? はたまた災害情報などの"今"を知らせる最新ニュースだったらいかがでしょうか。膨大な情報の中から自分の知りたいものを探すのは至難の業。

そんなときに便利で簡単に検索ができる特化型の検索アプリがこちら。知りたい案件に合わせてアプリを使いこなすことで、欲しい情報があっという間に見つかりますよ♪


大画面で確認するならコチラ全部知ってる?スマホ検索を便利にする4つのコツ

電車の乗り換え検索には「Google マップ」


目的地までの電車のルートをパッと教えてくれるのが「Google マップ」。目的地を入力したら「経路」のボタンを押すだけで、最寄りの駅から乗るべき路線、乗り換え案内、さらには降りた駅から目的地までの道順まで案内してくれます。このアプリひとつで迷うことなく、確実に到着できるのがうれしいですね。


image01

移動手段のタブを「電車」から「徒歩」「車」に変えることで、移動手段に合わせたルートを提示してくれるのもポイント。それぞれに合わせた目的地までの所要時間や必要な金額まで教えてくれるから便利この上なしです!


「Google マップ」ではお店の混雑状況も分かる!


お気に入りのお店に行きたいけど混雑状況はどうだろう…。そんな考えが頭をよぎったときも「Google マップ」が使えます。各店舗を検索したあと、画面をずっと下のほうにスクロールすると現れてくる「混雑状況」。ここでは「ユーザーが何時ごろに何人くらいお店を訪れたか」を調べることができるんです。


image01

開店から閉店までの時間帯に訪れた人数をグラフ化して見せてくれるので、比較的空いている時間帯を見つけるのが簡単! この機能を活用すれば、人混みを避けて楽にショッピングや飲食を楽しむことができますね。

知らない言葉を調べるには「Google レンズ」


さて、まったく知らない言葉や漢字を調べたいときはなかなか苦労するもの。スマホで検索したくても漢字を知らない、読めないなどがあると、どう入力していいか分かりませんよね。そんなときはアプリ「Google レンズ」を使いましょう。これは、調べたいものにカメラを向けるだけで、スマホが自動で読み取ってくれてすぐに検索してくれる優れものです。


image01

例えば散歩の途中にきれいな花が咲いていたら、「Google レンズ」でスマホをそちらに向けてみると…花の名前や情報がすぐに出てきます。また、読めない外国語の文章があっても、このアプリならすぐに翻訳してくれます。カメラを向けるだけですぐ検索してくれるこのアプリ、一度使いだしたらもう止められませんよ。


リアルタイムで情報収集するには「Twitter」


最後は世界中で使われている人気SNS「Twitter」。じつはこのアプリも検索ツールとして非常に便利なのです。使うシーンでオススメなのは、リアルタイムで起こっている事象を検索したいとき。例えばテレビの生放送中に出てきた観光スポットを調べたい、またはついさっき起こったばかりの地震について知りたい。そんな直近に起こった事柄についても、ユーザーみんなのつぶやきからすばやく情報をキャッチしてくれるんです。


image01

使い方は簡単。Twitterの虫メガネアイコンを押して、キーワード検索を入れるだけ。「最新」タブで時系列を新しいものに並べ直せば、いま起こっていることのつぶやきがズラッと並びます。リアルタイム情報ならやっぱり「Twitter」が群を抜いてますね。



スマホで検索をする、といっても使うアプリによって得られる情報もさまざま。ぜひ自分のシーンに合わせて使いやすいアプリを探してみてだくさい!

関連記事趣味や行動が丸見え!? Googleの検索履歴を削除する方法!

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る