アプリ&レビュー

2021/09/24

【都市伝説】南極で巨大ピラミッドを激写!?雪に隠された古代文明の謎に迫る!

皆さんはピラミッドのことをどのくらい知っていますか? エジプトや中南米などに見られる、四角錐状の巨石建造物の物体です。なかでも有名なものは、エジプトにあるギザの大ピラミッドではないでしょうか? 一体どうやって、何のために作られたのか未だに分からないなど、不思議なことだらけ。



image01


そんなピラミッドのような物体が、南極で発見されたとの情報が!
謎の物体を見ることができるのはこちらの座標(79°58'24.1"S 81°57'45.8"W)。 まるでエジプトのピラミッド群のように、四角錐状の物体が3つ並んでいるのが確認できます。さらに拡大してみると……?

image01

上空から見ると、非常に美しい四角錐の形をしていて、とても自然に生み出されたものとは思えません。

image01

しかも驚くべきはその巨大さ。Googleマップ上で距離を測ってみると、一辺の長さはなんと400m以上も! あのエジプトで一番巨大なクフ王の大ピラミッドは、一辺の長さが約230mですから、その2倍近くもある巨大ピラミッドなんて人間が作ったものとはとても思えません!

周辺には建物はおろか、この場所に通じる道も見当たらず、ますます謎が深まります……。

image01

もしかして雪に埋もれて発見されていなかった新たなピラミッドなのでしょうか……?
人がなかなか立ち入ることができない南極。まだ発見されていない古代文明の遺跡かもしれません!

巨大ピラミッドのような物体の正体は?



image01

不思議な物体の正体は、「ヌナタク」という氷河地域に見られる地形の一種ではないかという説が。氷河から頂部のみが突き出た形になりピラミッドのように見えるようです。しかし上空から見た光景はあまりにも綺麗な四角錐で、隠された古代文明が存在した証拠かも……?
信じるか信じないかはあなた次第です!

周辺の風景をさらに楽しみたい人は下のマップで探索してみてくださいね!




machiuke

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る