アプリ&レビュー

2021/09/01

スマホの電話はこんなに便利♪意外と知らないあんな機能もご紹介

電話は相手とつながって会話ができればいい、そんな時代もありました。しかし地図で移動経路を調べ、電車やバスにも乗れ、現金代わりに買い物もできる現代のスマホの電話は、通話以外にもできることがたくさんあります。逆に、できることが多くて操作できない、ボタンの意味がわからないといった問題も。


image

そんな悩みを解消してくれる動画が、dアプリ&レビュー編集部の公式YouTubeチャンネルにあります。早速、スマホの電話操作を紹介してる動画の内容を見ていきましょう!

動画だから操作手順が見える!

動画では電話のかけ方、着信時の画面操作、迷惑電話対策といった数々の操作ガイドが登場します。


大画面で確認するならコチラ今さら聞けない!電話のかけ方・取り方 スマホ通話画面の機能や連絡先の追加方法を徹底解説! AR

この記事ではその中から、スピーカーを使った通話や、音声ガイダンスで数字を打ち込む時に必要なキーパッド操作といった、通話画面での操作方法をピックアップしてご紹介。あのボタンはそういう意味だったのか、と納得すること間違いなし!

■スピーカーを使ってハンズフリーで通話

スマホは固定電話と異なり、いつでもどこでも通話をすることができます。そのため、手が離せないような時に着信があっても、スマホのスピーカーとマイクを使ってハンズフリー通話を使えば会話が可能です。
やり方はとっても簡単。通話の画面に並んでいるさまざまなアイコンの中から「スピーカー」というのをタップしましょう。

image

やることはたったこれだけ。色が変わってオンになると、スマホに搭載されたスピーカーから相手の声が聞こえてきます。自分の話し声もスマホのマイクが拾ってくれますから、両手が空いた状態で会話を続けることができます。
これを利用すれば、洗い物で手が濡れていたり、テレワークでパソコンを操作中に電話がかかってきたりしても、作業を止める必要がありません。

image

■テレビ電話になるビデオコール

ある一定以上の年齢層の人なら、少年・少女時代に憧れた「テレビ電話」が、現在のスマホでは普通にできるのです。特別なアプリや追加のオプション契約をする必要もありません。通話画面で「ビデオコール」というアイコンを選択すればテレビ電話がスタート。

image

通話相手からこの「ビデオコール」の申請があった時は、画面に表示される「拒否」または「許可」を選んでください。

image

「許可」を選択すると、相手の姿を見ながら通話をすることが可能に。この機能はいわゆるテレビ電話としての使い方以外にも、通話中にちょっと何かを見せたいといった時に利用するのも便利そうです。

image

■数字を入力するキーパッド

宅配便の再配達依頼やサポート窓口への電話でよく使われているのが音声ガイダンス。「該当する数字ボタンを押してください」というあれです。固定電話なら電話機にボタンが付いているので押せますが、スマホにはボタンがないしどうすれば……? と困った人もいるでしょう。そんな時に使うのが「キーパッド」。

image

「キーパッド」アイコンを押すと画面に電話機と同じ「1~0」の数字と「*」「#」のあるボタンが表示されます。ここの数字や記号を押すことで、電話機のボタンと同じ操作をすることができるのです。
操作が終了してキーパッド画面を終了したい時は「非表示」をタップすればOK!

image

通話の画面には他にも、大切な通話内容をワンタップで録音したり、周囲の音がうるさい場所でマイクをオフにして聞き取りやすくする消音といった機能も。使い方さえわかれば便利なものばかりですから、ぜひ活用していきましょう!

スマホの電話操作をもっと知りたいなら動画をチェック!

動画ではこれらの他にも、電話帳の使い方をはじめ音量調節など、スマホの電話機能をわかりやすく解説しています。実際の操作画面を確認できますから参考にしてくださいね♪


大画面で確認するならコチラ今さら聞けない!電話のかけ方・取り方 スマホ通話画面の機能や連絡先の追加方法を徹底解説! AR


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る