アプリ&レビュー

2021/08/20

ブルーインパルス、パラ開会式8月24日の飛行ルートを公開!都内観覧スポットまとめ

2021年8月24日(火)、プルーインパルスが再び東京の空を舞う! 航空自衛隊のブルーインパルスがパラリンピック競技大会の開会日に合わせて、東京都内上空を展示飛行することが発表されました。大空に描かれる美しい軌跡を観覧できる都内スポット、その観覧時間について詳しい情報をお伝えします。



image

パラリンピック開会日にブルーインパルスが飛び立つ!

オリンピック競技大会のときも都内上空に飛び立ち、その開催を祝ったブルーインパルス。一糸乱れぬ隊列で滑空する雄姿に心躍らせた人も多かったことでしょう。パラリンピック競技大会でもその機体を楽しむことができそうです。

image

■8月24日の飛行ルートを発表

防衛省 航空自衛隊の公式Twitterでは、競技大会当日の飛行ルートを発表。それによると東京の西側からぐるりと時計回りに都内を飛行しながら一周、最後に北方面に抜けていくのが分かります。


■都内のおすすめ観覧スポットはこちら

飛行ルートを詳しくみていくと、展示飛行当日に都内のどこにいればブルーインパルスが見られるかが分かってきます。

image

まず渋谷からスタートし、新宿付近まで進んだところで進路を北に変更。そのまま池袋上空を通過したのち、北区~足立区~葛飾区と東に進路を取ります。さらにそこから南西方面に急旋回。浅草、日本橋、銀座、港区上空を滑空して、ふたたび渋谷に到着。その後、新国立競技場上空を経由して東京北部に抜けていく進行ルートとなります。

image

飛行ルートの付近であればどこでもその雄姿を見ることができますが、おすすめスポットを挙げるとするなら、上空を2回飛行するであろう渋谷と新宿付近になるでしょうか。とくに新国立競技場に近く、さらに空を遮る遮蔽物が少ない「代々木公園」や「新宿御苑」は絶好の観覧スポットとなりそうです。

※観覧する際には密を避けるため、周りの人と距離を十分空けるようご注意ください。

気になる飛行時間は直前に発表!

さて、肝心の飛行時間については…8月24日(火)14時~14時15分頃までの間と公式発表がありました。なお、特定の場所でシンボルを描く予定はないため、飛行進路付近であればどこでもブルーインパルスの姿を楽しむことができます。

image

青と白にカラーリングされた6機の機体がダイナミックなフォーメーション飛行を見せてくれる展示飛行。東京の空で観覧できるまたとないチャンスをぜひお見逃しなく!

航空自衛隊 ブルーインパルス展示飛行予定


アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る