アプリ&レビュー

2021/05/20

【衝撃】巨大人面がマップに映り込み騒然!リアル「進撃の巨人」か!?

地球全体を写真で見ることができる「Googleマップ」には、時にこの世のものとは思えない奇妙な光景が映り込んでしまうことも。今回紹介するのは、南極大陸の雪原に突然現れた巨大な人面!



image01

弧を描いた目に緩やかな鼻、薄っすらと口を開けたその表情は、まるで雪から顔を出し苦しそうに呼吸をしているかのよう。この写真を見たTwitterユーザーからは「進撃の巨人に登場する“壁の中の巨人”みたい」といった声もあり、「かつて南極には巨人が住んでいたのでは?」などさらなる議論を呼んでいます。

リアル「進撃の巨人」!?南極の“雪の巨人”はココにいた


南極大陸に眠る巨人が見つかったのは、こちらの座標(72°00'35.0"S 168°34'56.0"E)。 一見、雪山を上空から撮影しただけの写真に思えますが、グッとズームしていくと……?

image01


image01


image01


image01

巨大な顔が出現!
人間は黒い点が3つあれば人の顔に見えるとはいいますが、これはさすがに精巧すぎるような。試しに写真を縦にしてみると、この通り。

image01

顔の掘りまでリアル! まだ雪の下に隠れている部分をよく見ると、目があるであろう窪みまでくっきり。顔を右側に傾けるようにして雪に埋もれているようにも見えてきます。「どうせ雪が解けて偶然この形になったんだろ」と言いたいところですが、自然の産物でここまでリアルな表情が作り出せるものなのでしょうか? 

なお、南極という土地柄もあってか、気になるこの顔の正体は未だ不明。ただの山崩れならいいのですが、もしも雪に隠れた巨人が姿を現しているとしたら……。解けた氷の中から恐竜が現れ、玉乗りを仕込む日もそう遠くないかもしれません。信じるか信じないかは、あなた次第!


こちらもおすすめ!Googleマップに写った!南極に墜落したUFO!?
こちらもおすすめ!ついに発見!?伝説の怪物「クラーケン」がGoogleマップに写った!

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る