アプリ&レビュー

2021/01/30

映画「シン・ウルトラマン」特報映像に見られる3つの謎を考察!

2021年1月29日(金)、突然YouTubeの東宝MOVIEチャンネルに一本のムービーがアップされる。それが庵野秀明氏が企画・脚本を手掛ける映画「シン・ウルトラマン」の特報映像だと分かるやいなや、ネット中が即座に反応。瞬く間に視聴回数が上昇し、Twitterでは早くも期待の声が渦となってあふれている状態だ。



image01

本作はすでに制作発表はされていたタイトルだが、これまではスチール写真のみが公開されていて、動画としてのお披露目は今回が初となる。初代ウルトラマンをこよなく愛する庵野氏が自ら手掛け、生まれ変わらせた作品はいかなるものか。今回はその特報映像から感じ取れる3つの疑問について迫っていこう。

突如公開された特報映像


謎を解明するには、まずは公開された「シン・ウルトラマン」の特報映像をみなければ話は始まらない。
重厚なバスドラムを響かせるサウンドと矢継ぎ早に展開するシーンの連続。衝撃の36秒をとくとご覧あれ。


大画面で確認するならコチラ映画『シン・ウルトラマン』特報【2021年初夏公開】

ウルトラマンは人間の味方なのか


庵野氏の手掛ける「シン」作品といえば、「シン・ゴジラ」「シン・エヴァンゲリオン劇場版」といった名前を思い浮かべるだろう。本作でも「シン」に込められた意味は複数あると考えられるが、果たしてウルトラマンは人間の味方として登場するのだろうか。

image01

特報映像では、開始直後から自衛隊の隊員が慌ただしく動き回る映像が随所に見て取れる。さらに主演の斎藤工さん、そして長澤まさみや早見あかりさん、西島秀俊さんといった面々が強面の表情でなにかを議論する場面もあり。非常に緊迫感のあるシーンが続く。

image01

そして一瞬だけカットインされるのは、極秘資料であろう「巨大人型生物 ウルトラマン(仮称)調査報告書」の文字。この言葉からも、人間にとってウルトラマンは未知なる存在であることが伺える。そこでふと頭をよぎるのは「シン・ゴジラ」で描かれた、「災害としての一面もあるゴジラ」の表現方法。まさかとは思うが、人間VS.ウルトラマンなんて構図はないと信じたいが、果たして……?

次のページ 怪獣が狙うのは日本の電力!?

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る