アプリ&レビュー

2023/01/25

大人なら5秒あれば解ける!「-14-(-21)」の答えはいくつ?【スマホ豆知識】(アプリレビュー紹介)

01


今回は、数学問題の中から「正負の数」をピックアップ! 問題文の式を解いて正しい答えを求めましょう。計算のルールさえ思い出せれば、答えを導き出せるはず。あなたはこの問題、何秒で解けますか?

【問題】 「-14-(-21)」の答えはいくつ?























【答】  7

◆他にもクイズを楽しみたいならこちら!

おススメ脳トレ600問に挑戦して脳の活性化!漢字を使った問題で楽しもう
おススメこの問題解ける?脳を活性化させてくれる算数クイズに挑戦!
おススメ漢字クイズで脳トレ♪難読地名や四字熟語に挑戦しよう!

解説

「負の数を引く」は、「足す」と同じなので、
-14-(-21)
=-14+21
=7
よって答えは7となります。

もっと難しい問題に挑戦したいというそこのあなたには、学習アプリ「数学検定・数学計算トレーニング(中学生数学勉強アプリ)」がぴったり! 数学検定の7級(小学校5年レベル)から検定3級(中学3年レベル)までの問題が全部で1,700問以上収録されています。しかも、すべて無料で楽しめるんです。どこまでクリアできるのか、自分の数学力を試してみてはいかが?

この問題はこちらのアプリで楽しめます



関連タグ

  • ホーム
  • ニュース一覧
  • 大人なら5秒あれば解ける!「-14-(-21)」の答えはいくつ?【スマホ豆知識】(アプリレビュー紹介)

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る