アプリ&レビュー

2022/12/05

地名「赤兎山」はそのまま読む?それともひねりを加えて…?【スマホ豆知識】(アプリレビュー紹介)

01


日本には、地元の人にとっては簡単でも、他の地域に住んでいる人からすると読めない地名がたくさん存在します。今回は、北陸地方の山岳名から出題! 三国志に登場する有名な馬と同じ字ですが読み方は……?

【問題】 地名「赤兎山」の読みは?






















【答】  あかうさぎやま

◆他にもクイズを楽しみたいならこちら!

おススメ脳トレ600問に挑戦して脳の活性化!漢字を使った問題で楽しもう
おススメこの問題解ける?脳を活性化させてくれる算数クイズに挑戦!
おススメ漢字クイズで脳トレ♪難読地名や四字熟語に挑戦しよう!

解説

石川県と福井県にまたがる標高1,628.7メートルの山です。山容が丸みを帯びていてうさぎのような形をしていることから、この名前が付けられたといわれています。

三国志が好きな人は、「赤兎馬」と同じ漢字ですから「せきとやま」と読みたくなりますね♪

他の地名をもっと知りたい、クイズに挑戦したい、という人は学習アプリ「読めないと恥ずかしい地名漢字 - 難読地名の漢字読み方クイズ」がぴったり! 日本全国にある難しい読み方の地名をクイズ形式で学べます。初級、中級、上級といったようにレベルに合わせて楽しめるので、ぜひ自信のある人は最高レベルの「マニア級」に挑戦してみてくださいね♪

この問題はこちらのアプリで楽しめます



関連タグ

  • ホーム
  • ニュース一覧
  • 地名「赤兎山」はそのまま読む?それともひねりを加えて…?【スマホ豆知識】(アプリレビュー紹介)

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る