アプリ&レビュー

2022/08/06

クワガタ1匹1万円、空前の昆虫ブーム到来!?日本初の専門学校も誕生【スマホ豆知識】(動画紹介)

01


いまひそかにブームになっている“昆虫”。インターネットでは生体の売買が活発になっていて、昆虫ブリーダーを育てる専門学校も誕生しているようです。

日本テレビのYouTubeチャンネル「日テレNEWS」では、ブリーダーを目指す生徒たちの授業風景を公開しました。


◆動画を楽しむならこちらもチェック

おススメ世界を驚愕させた衝撃映像ベスト5
おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説
おススメNHKプラスの使い方!見逃した番組を好きな時に視聴しよう♪

「自分の手で命を…」昆虫ブリーダーを目指す専門学校とは?


番組スタッフが向かったのは、仙台市にある「仙台ECO動物海洋専門学校」。同校には日本初となるインセクトブリーダー・昆虫専攻コースが2021年に誕生し、全国からプロを目指して集まった18人の生徒が通っています。
授業内容は昆虫の生態や繁殖方法など。実際にカブトムシを幼虫から成虫まで育てた生徒に話を聞くと、「お父さんになった感はあります」と自分の手で命を繋ぐ喜びを実感した様子。

最近インターネットではカブトムシやクワガタの売買が活発に行われていて、世界最大種・ギラファノコギリクワガタであれば、1匹数千円から1万円程度で販売されているといいます。
昆虫ショップを営む講師の大原さんは「昆虫で飯を食っていくのは簡単ではない」と話したうえで、「私が出来ていることを生徒に教えていく。成功だけでなく大変さを伝える」と授業への熱意を語りました。

動画の最後には、150匹の昆虫と暮らす生徒を取材したシーンも。いったいどんな昆虫たちを飼育しているのでしょうか? その驚きの映像はYouTubeにてご覧ください。

動画アプリといえばこちらもお忘れなく



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る