アプリ&レビュー

2022/09/22

「落語の魅力は想像力」笑点でおなじみ桂宮治のすごさ【スマホ豆知識】(動画紹介)

01


落語は江戸時代から続く、日本の伝統文化のひとつ。有名な落語家の桂宮治さんが、小学生を相手に落語を披露したところ大ウケだったようです。そのときの様子がこちら。


◆動画を楽しむならこちらもチェック

おススメ世界を驚愕させた衝撃映像ベスト5
おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説
おススメNHKプラスの使い方!見逃した番組を好きな時に視聴しよう♪

動画のみどころ

桂宮治さんといえば、笑点にも出演する笑顔が素敵な落語家です。そんな桂宮治さんが訪れたのは、国分寺市立第九小学校の体育館。動画では簡単なあいさつの後すぐに小噺がはじまりました。
「落語家さんがよくやる、お蕎麦食べてるところをやりましょう」と前置きをし、雑談をしながら扇子を割りばしに見立て、つゆを飲んだり蕎麦をすすったりと、本当に食べてるかのような様子を披露。その姿に小学生たちは大爆笑。

「落語のすごいところは実際の物を使わずに、ひとりひとりの想像力で見てもらいます。だから日常生活ではできないことができるようになります」と話した後に、重力を無視したおもしろいお蕎麦の食べ方を数々紹介。その想像を絶する内容に小学生たちは大喜び。

落語とはなにかをまったく知らない子どもでも一瞬で楽しめる、桂宮治さんの落語の魅力は、大人も一度見ればそのおもしろさにきっとハマることでしょう!

後半にも「現代のあるご家庭」という設定で、別のおもしろい小噺を披露してくれますよ。ぜひ動画で落語をお楽しみください♪

動画アプリといえばこちらもお忘れなく



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る