アプリ&レビュー

2022/06/26

弱小野球部が名将と共に再出発!芽生えた選手の変化に感動【スマホ豆知識】(動画紹介)

01


北海道文教大学の野球部は、昨年の勝ちは不戦勝のみという、決して強いとはいえないチームでした。そこから日本一を目指すため、北海道日本ハムファイターズの選手を育て上げた名将2人がチーム再建を託され、再出発することに! その様子を追いました。


◆動画を楽しむならこちらもチェック

おススメ世界を驚愕させた衝撃映像ベスト5
おススメ突っ張り棒や余った石鹸の意外な活用法!ライフハック技5選
おススメテレビ番組視聴アプリ「TVer」の使い方、テレビでの視聴方法を解説
おススメNHKプラスの使い方!見逃した番組を好きな時に視聴しよう♪

動画のみどころ

総監督を務めることになったのは、東農大北海道オホーツクの元監督・樋越勉氏。全国大会出場はじつに17回、玉井大翔選手をはじめ、プロ選手を16人輩出してきた実績を持ちます。そして監督は、東海大北海道で全国大会出場6回、今川優馬選手ら4人を指導した高橋葉一氏が務めることに。この2人がタッグを組み、北海道文教大学野球部を育てていきます。

部員との初対面で高橋葉一監督は「自分の過去の栄光にしがみつかず、みんなと接する」と語り、厳しい姿勢で臨むことを示唆。理学療法士を目指す生徒が多く、両立が不安だという部員の声も。
監督の姿勢とこれからのチームのあり方を理解し、覚悟を決めて練習に集まった部員は10人ほど。実際の練習では選手個人への徹底指導が行われるなど、いままでとの違いを感じた選手からは「すべてが新鮮で楽しい」と感想が出るように♪

そして鍛えられ部員たちは初試合に挑みます。気になる結果や成長した姿をぜひ動画でご覧ください!

動画アプリといえばこちらもお忘れなく



アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る