アプリ&レビュー

2022/06/16

えっ、これダイソー!?100円でスマホ「3眼カメラ化」!レンズセットが高コスパすぎる!

image

毎日使う日用品からファンシーな雑貨まで、さまざまな商品を扱う100円ショップ「ダイソー」。よく店内を探してみると、「こういうのがほしかった!」と言わずにはいられないアイデアグッズが見つかることも。

今回紹介するのは、スマートフォンに装着して使う便利アイテム。

その名も……?

image

スマートフォンレンズセット~!

なんとこのグッズ、クリップ状のレンズをスマホカメラに挟み込むことで、魚眼レンズ、マクロレンズ、広角レンズの3つの撮影モードが楽しめる代物。
たとえアウトカメラレンズがひとつの端末を使っていても、このアイテムさえあれば、たちまちトリプルレンズに大変身!

「スマートフォンレンズセット」内容が太っ腹すぎる!


セット内容は全部で7点。着脱用のクリップとレンズ3枚に、保護用の蓋2枚と持ち運び用の収納袋。
好奇心でAmazonの類似商品を調べてみたが、110円より安価な商品は見つからなかった。これだけのセット内容でほぼワンコインって、ダイソーは太っ腹すぎやしないか?


image

100均グッズ「スマートフォンレンズセット」の実力はいかに!?


とはいえ、重要なのはアイテムの実力。ここからは実際に3枚のレンズを付け替えながら写真を撮影してみよう。
今回はアウトカメラにクリップを取り付けて撮影するが、レンズ自体はインカメラにつけることも可能。自撮りでも特徴的な撮影方法が楽しめるぞ。

image

■広角レンズで撮影

まずは広い範囲を映すのに適している「広角レンズ」を使った撮影に挑戦! レンズ使用後の比較のため、はじめにデフォルトの写真をご覧いただこう。

image

そしてレンズを取り付けて同じ角度から撮影すると……?

image

写真に納まる範囲が広がったのが分かるはず。
ちなみに、写真の四方に黒い影が映り込んでいるが、これは「ケレラ」という現象。外付けの広角レンズを使用すると、まれに起こるそう。
防ぐためにはレンズの取り付け位置を調整する必要があるが、筆者のスマホでは完全になくすことは難しかった。
しかし、これはこれで味が出ている気がする!

■魚眼レンズで撮影

次は丸いゆがみが特徴的な「魚眼レンズ」。広角レンズと同じく広い範囲を写真に収めたいときや建物の高さ、場所の広さを強調したいときに使われるレンズだが、「魚眼レンズ=プロが使うもの」というイメージを持っている人もいるだろう。

それもそのはず、一眼カメラ用の魚眼レンズはひとつ1万円は下らない。それが100円ショップの、しかも3つセットで110円のレンズセットできれいな一枚が撮影できるわけな……い……。

image

イイ。自分で撮ったとは思えないくらいイイ。
この写真をフォトコンテストに出せば入選する自信さえ湧いてくる。

特徴的なカーブも再現されているし、広範囲が写真に納まっていることも確認できる。このレンズを使ってペットを鼻先から撮影したり、旅先の風景を撮影した暁には周りから「写真がうまい人」と認識されるに違いない。

■マクロレンズで撮影

みなさんは「マクロ撮影」を試したことがあるだろうか? 
「マクロ撮影」とは、小さな被写体を大きく見せる特殊な技法のこと。
被写体を至近距離から撮影できる特殊なレンズを使うことで、虫眼鏡を覗いたような繊細な写真を撮ることができる。
試しに被写体にグッと近寄って写真を撮ってみたら、こんな一枚が完成した。

image


image

植物図鑑と見まごうほど繊細な一枚が完成!
花弁の厚みや水滴のみずみずしさまで伝わってくる写真が、まさかダイソーの着脱式レンズで撮影できるなんて!
ガーデニングや散歩を趣味にしている人なら、誰かに見せたい風景を見つけるたびシャッターを切る手が止まらなくなるはず。

ここで紹介した「スマートフォンレンズセット」は、正直「100円では安すぎるのでは?」とさえ思うコストパフォーマンス抜群のアイテム。スマホで撮る写真の幅を広げたい人は、購入してはいかがだろうか。

※記事内の価格は税込表示です。

「いますぐダイソーに駆け込みたい!」近くの100円ショップを探す方法


近くにあるダイソーを探すには、マップアプリが便利。検索バーに「100円ショップ」や「ダイソー」などのキーワードを入力すると、現在地付近のお店が素早く調べられるぞ。「今すぐスマートフォンレンズセットがほしいッ!」と思ったあなた、このアプリを活用して近くのダイソーへ急げ!

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る