アプリ&レビュー

2022/06/08

紀伊國屋書店ランキングで話題沸騰!宮部みゆき「子宝船 きたきた捕物帖 二」【話題の書籍】

北海道から九州まで全国に展開する「紀伊國屋書店」のベストセラーから注目の書籍をピックアップする「話題の書籍」。今回は総合ウィークリーランキング7位(*)に入った、宮部みゆきさんの新作「子宝船 きたきた捕物帖 二」を紹介しましょう!


image

単行本と文庫あわせて30万部の大ヒットとなった「きたきた捕物帖」の第2弾が、発売と同時に早速ランクインしました。今回はどんな謎解きが待っているのでしょうか!?

(*)2022年5月30日~6月5日のベストセラーより

半人前のヘタレと相棒の成長物語第2弾


image

宮部みゆきさんといえば日本推理作家協会賞や直木賞を受賞し、「模倣犯」「ソロモンの偽証」「楽園」などが映画やドラマで映像化される、人気ミステリー作家です。冒頭の「千吉親分がふぐ鍋にあたって死んだ」という一文で読者を一気に物語の世界に引き込んだ、「きたきた捕物帖」。本作「子宝船」は、2年ぶりに発売された続編となります。

「きたきた捕物帖」は、亡くなった千吉親分の下っ端子分「北一(きたいち)」と、長命湯の釜焚き「喜多次(きたじ)」という、ヒーローでも頭脳明晰な探偵でもない、弱い立場の人々が周囲の励ましと支えで事件を解決していく人気シリーズです。その魅力と、「子宝船」のポイントを見ていきましょう!

■本所深川の雰囲気を味わう

舞台となる江戸の本所深川は、現在の名称でいえば相撲でおなじみの両国や隣の錦糸町、その南部にあたる門前仲町のあたり。武家屋敷とお寺、お店や庶民の家があり、少し外れればもう田んぼと畑ばかりという、いまの街並みとはだいぶ異なる世界が広がります。

image

登場人のセリフや情景描写は、講談や歌舞伎のような小気味いい文体のため読みやすく、見たこともない江戸時代の人々の暮らしが生きいきとと浮かんでくるでしょう。

■見習い岡っ引きの成長物語

「きたきた捕物帖」の"きたきた"は、北一と喜多次のこと。岡っ引きとしては見習いでヘタレの北一と、腕っぷしが強く寡黙な喜多次のコンビをはじめ、面倒見のよいおかみさん、老練で食えないけれど頼りになる管理人など、物語を彩るさまざまな人物が登場。千吉親分の教えを守って北一が成長していく様子は、微笑ましいほど。

■宝船から弁財天が消える怪

ある日北一は、喜多次が焚き付けにする紙くずのなかから、宝船の描かれたチラシを複数発見。宝船の絵は正月2日の夜に枕の下に敷いて寝ると吉夢を見られるといわれているため、いまは季節外れなもの。さらに、船に乗る七福神のうち、なぜか弁財天だけが背中を向けているという特徴がありました。そのときは珍しさからこのチラシを持ち帰った北一ですが、なんと赤子を亡くした家にあった宝船の絵から、弁財天だけが消えるという怪現象が発生していたのです……。

本作には、弁財天の消えた絵のエピソード「子宝船」の他に、弁当屋一家殺害現場で見かけた怪しい女に迫る「おでこの中身」、そして北一のもとにある男が訪ねてくる「人魚の毒」の3本が収録されています。北一・喜多次コンビによる謎解きに加え、怪談要素がスパイスとして物語にアクセントを添える「きたきた捕物帖」。作者自ら長く書き続けたい作品と語っていますから、これを機会にシリーズを読み始めてみてはいかがでしょうか。

≪商品情報≫
書名: 子宝船
著者名: 宮部みゆき
出版社名: PHP研究所
判型: 46判
ISBN: 9784569851983

子宝船 きたきた捕物帖 二 /宮部みゆき dショッピング

※記事中のイラストはイメージ画像です。

紀伊國屋書店を利用するならこのアプリ!

紀伊國屋書店でd払いを利用すると、dポイントをためたりつかったりできます。新しくなったdポイントクラブはためるほどランクが上がり、ポイント獲得率がアップしますからご利用をお忘れなく♪

アプリカテゴリ

メールサービス登録/解除

トップに戻る