【週末趣味 ソト遊び&イエ遊び】

インドアな日だって積極的に遊びたい。頼れるPCがあれば、自宅でいろんなチャレンジができるものだ。最初の一歩として、続々と登場する新製品から“遊びを充実させるための相棒”を探してみてはどうだろうか。

*  *  *

自分のPCを手に入れると、「遊び」の定義は広くなる。撮りためた動画を編集したり、3DCGやDTMに挑戦したり、映画を見たり、ゲームをしたり――。何かに没頭する時間は、人生を豊かにしてくれはずだ。

かくいう筆者も、文筆業を営みつつ、空いた時間を見つけてはAfter Effectsでモーショングラフィックスを制作をしたり、CLIP STUDIO PAINTで漫画を描いてみたり、とさまざまなツールを楽しんでいる。

「クリエーター」が特別な存在だったのは、もはや昔の話。いまやオンライン上には、チュートリアル動画やTipsが溢れている。「やる気」さえあれば、誰もが基本的なテクニックを習得できる。必要なのは、重い処理に耐えられる高性能なPCと、必要なソフトウェアに対する投資だけ。そんな「遊び」に役立つ注目のPCをチェックしていきたい。

まずクリエーターの仕事道具といえば、お馴染みのアップル製品。3月には最上位のアップルシリコン「M1 Ultra」が発表され、製品としては「Mac mini」の上位ラインに相当する「Mac Studio」が新登場。価格は22万4800円からで、一見すると高嶺の花に思えるが、ディスプレイやキーボードをうまくやりくりすれば、20万円台前半で強力なMacが入手できることを意味する。新製品の「Studio Display」や、M1チップ搭載の「iPad Air」などと合わせてチェックしておきたい。

一方、やりたいことによってはWindowsを選んだ方が良いこともある。これはソフトウェアの相性的な問題だ。例えば「流行りのメタバースに挑戦しようと思った際に、PC VRを行う手段が限定されてしまう」とか「Blenderで3DCGに挑戦しようと思ったらmac OS版の挙動が安定しなかった」みたいなことは起こりがち。「遊び」のためのPCだからこそ、用途に適した選び方を意識したい。


ITライター 井上晃さん

クリエイティブツールの話は大好物。普段からApple製品やAdobe CC製品群の取材を中心に、最新事情を追う。趣味を兼ねて、動画編集、イラスト、DTM、CGモデリングなど各種ツールの話題にもアンテナを張る。

 

 

【Appleの最強布陣は「遊び」に「仕事」に大活躍】

(広告の後にも続きます)

■「スタジオ」を作るための最適解

M1 Max/Ultraはとてもパワフル。例えば、After Effectsの「ロトブラシ」機能など、重い処理の待ち時間を大幅短縮できます(井上さん)

Apple

「Studio Display」(19万9800円〜)

Apple

「Mac Studio」(24万9800円〜)

「Studio Display」は対角27インチの5K Retinaディスプレイ。P3の広色域やTrue Toneテクノロジーにも対応する。12MPの超広角カメラや空間オーディオ対応の6スピーカーシステムなども搭載。

「Mac Studio」は高い処理性能を求めるクリエーターのための一台。搭載チップは「M1 Max」または「M1 Ultra」を選択可能。Mac miniを縦に2.5台くらい重ねたようなサイズだ。


▲前面にSDXCカードスロット(UHS-II)と、最大40Gb/sのThunderbolt 4(または最大10Gb/sのUSB-Cポート)を×2基を備える


▲背面には、Thunderbolt 4×4基、10Gb Ethernet×1基、USB-A×2基、HDMI×1基、3.5mmヘッドフォンジャックを備える


▲Studio Displayでは「リファレンスモード」を切り替えられる。コンテンツに応じた最適な色空間や輝度での確認が行いやすい