■I.米国株式市場

(広告の後にも続きます)

●1.NYダウの推移

 1)1/31、NYダウ+406ドル高、35,131ドル(日経新聞より抜粋
  ・今年に入り下落が目立っていたハイテク株を中心に買いが入り、相場全体を押し上げた。
  ・年金基金の買いを指摘する声があった。
  ・決算発表を終えたハイテク企業を中心に、自社株買いの再開との見方があった。
  ・これまで売り持ち高に傾けていたヘッジファンドが、買い戻しに迫られ上昇した。
  ・ボーイングが+5%高、ネットフリックス・テスラは+11%上昇・エヌビディアなど半導体株も買われた。 化学のダウ・クレジットカードのビザは安い。

【前回は】相場展望1月31日号 米国、長短金利幅縮小し平坦化が示唆する金利高 景気後退の『スタグフレーション』?

 2)2/01、NYダウ+273ドル高、35,405ドル(日経新聞より抜粋
  ・先週来、上昇が急ピッチだったハイテク株に対し、相対的に上昇が鈍かった景気敏感株が買われた。航空機のボーイング・建機のキャタピラー・シェブロンが上昇。
  ・NYダウは1/28以降、3営業日連続で取引終了にかけて上げ幅を広げたが、今年に入ってからの株安を受けた年金基金の資金配分見直しに伴う買い観測が出ている。
  ・投資家心理を測る指標の米株VIX指数は1割低い21.9で終えた。1/24には40近くまで上昇した後は、じりじり低下しており、投資家の先安懸念は薄れつつあるようだ。

 3)2/02、NYダウ+224ドル高、35,629ドル(日経新聞より抜粋
  ・好決算を発表した検索のアルファベットが+8%高と大幅高となり、ハイテク株に買いが波及し、マイクロソフトが+2%高、アップルも高い。
  ・業績が景気動向の影響を受けにくいディフェンス株の上昇も目立ち、医療保険のユナイテッドヘルスや日用品のP&Gなどが上げた。反面、米雇用統計の悪化を嫌気して、景気敏感株は売り優勢だった。
  ・1月ADP雇用統計で非農業部門の雇用者数が▲30.1万人減と、市場予想の+20万人増に反して減った。
  ・新型コロナ「オミクロン型」の感染拡大が影響したとみられ、米景気への楽観論が弱まった。
  ・業績見通しが低調だった決済のペイパルは▲25%下落した。