フリーランスのネットワークエンジニアの仕事獲得方法

「将来はフリーランスのネットワークエンジニアとして働きたい」「すでにネットワークエンジニアとして働いているけどフリーランスの場合仕事をどのように獲得すればいいのかわからない」という方に向けて、仕事の獲得方法を紹介します。

方法1. マッチングサービスを利用する

これまで個人が仕事を探す場合、求人サイトなどを見て自分が働いてみたいと思った企業に応募する、という流れが一般的でした。

しかし、フリーランスやパラレルワーカーが一般化してきた昨今では、仕事のマッチングサービスというものが存在します。日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』では、自分のスキルを登録すると、独自の機械学習アルゴリズムによりプロジェクト単位で自分にあう企業とマッチングします。

自分がしたい仕事、クライアントがしてほしい仕事が噛み合うプロジェクトを勧めてくれるのでおすすめです。

34,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

詳細

利用料 無料
登録者数 34,000人
マッチング 最短即日
  • 土日、週1〜、時給○○円以上など希望の条件でお仕事検索
  • 60%以上のお仕事がリモート案件。好きな場所で働けます
  • 案件成約でお祝い金1万円プレゼント!優待サービスも多数

その他のマッチングサービスは以下をご覧ください。

フリーランス向けお仕事マッチングサービス10選。利用するときの注意点も解説

Workship MAGAZINE

方法2. クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングとは、インターネット上で企業が不特定多数の人に対して案件を発注する業務形態です。

特にクラウドワークスやランサーズが有名で、求人サイト感覚で利用することができます。クラウドソーシングの運営元が個人と企業を仲介してくれるため、トラブルが発生した際も安心できる点が魅力でしょう。

おすすめのクラウドソーシングについては、以下の記事をご覧ください。

クラウドソーシング 4サービス徹底比較!ガチ利用者が長所/短所/案件獲得方法を解説します

Workship MAGAZINE

方法3. フリーランスエンジニアに特化したエージェントサイトを利用する

レバテックやギークスジョブなど、ITのフリーランスエンジニアに特化したエージェントサイトがあります。

特にこれらのサイトの場合、ITに特化しているので絞り込み検索なども「経験」「プログラミング言語」単位で検索ができるので、自分にあった求人を探しやすい点が魅力といえます。

おすすめのフリーランスエンジニア向けエージェントについては、以下の記事をご覧ください。

フリーランスエンジニアに強いエージェント10選。メリットや登録方法も解説

Workship MAGAZINE

(広告の後にも続きます)

おわりに

本記事ではフリーランスのネットワークエンジニアについて解説しました。

ネットワークエンジニアは責任を伴う場面が多いですが、障害が復旧した時、自分が構築したネットワークが正常に稼働したときはとてもやりがいを感じられます。ネットワークエンジニアに興味がある方は、本記事を参考にして入念な準備と学習をしてみてください。

(執筆:セイタモ 編集:少年B)