断水対策「入浴後のふろ水は流すな」はNG、防災の新常識が話題【NHK防災】

年明け早々、衝撃的なニュースが続いている日本。あらためて防災意識を高く持ち、いつ襲ってくるかわからない震災に備えておかねばと、気持ちを新たにした方も多いのではないだろうか。大規模な震災に見舞われた際、真っ先に確保する必要があるのが水である。飲料水・調理用としてはもちろんのこと、手洗いや入浴などといった観点からも、水は私たちの生活に必須である。

そこで今回は、断水などが長期化したときに備えて水を確保する方法や、給水所に行くときの備えなどについて話題のポストを基に紹介していく。いつ起こるかわからない天災に対して準備をする際の参考にしてほしい。

令和の新常識。「ふろ水を貯める」は不正解?

昭和・平成の時代に防災訓練を受けてきた読者のなかには、筆者と同様に「台風が来る前にはふろ水を貯めておけ」「地震に備えて、入浴後のふろ水は流すな」と、指導された方も多いのではないだろうか。たしかに一定量のふろ水があれば、断水時にトイレを流す用途として利用することは可能だ。しかしながら、近年では衛生上の懸念や、子どもがいる家庭ではふろ水を貯めておくことで溺死のリスクが生じるといった観点から、ふろ水を貯めておくことは推奨されていない。

令和の時代に奨励されている水に関する防災対策は、ずばりこちらのポストを参考にしてほしい。

それぞれの防災対策がなぜ有効なのか、細かく確認していこう。

(広告の後にも続きます)

断水を確認したら元栓を時計回り!

私たちの生活を支えてくれている水道管は、断水が起こると一時的に空っぽの状態になってしまうのをご存じだろうか。供給できる水がなくなった水道管の内部には、空気や異物が混入しやすく、元栓を締めていないと家庭の水道管にもこの空気や異物が流れ込んできてしまうのだ。断水が復旧した際に異物が混入した濁り水が出る量を減らすためにも、断水がわかった時点で水道栓の元栓を時計回りにひねっておこう。