心が折れやすい人が知らない「ネガティブな感情」への対処法

今年こそはこれを達成したいという目標や、目標というほど具体的ではない願望は新年を迎えるにあたって多くの人が持つもの。

それを実現するために大切なのは、自分の感情との付き合いだ。努力も訓練も、感情次第では気が進まなかったりするもの。安定した精神は安定した努力の土台である。

◾️感情はコントロールすると余計にとらわれる

感情との付き合いで知っておきたいのは、「ネガティブな感情」である。基本的に感情はポジティブな方がやる気が出る。そのためネガティブな感情は「持たない方がいい」とされているし、持ってしまったらうまくコントロールすべきだとされている。

ただ『100%仕事で折れない 感情マネジメント』(神谷海帆著、clover出版)によると、感情はコントロールしない方がうまくいくのだそう。もっというなら、ネガティブな感情はコントロールして消したり、ポジティブに変換したつもりになっても、ふとしたことで再燃する。感情をうまくコントロールできずに自己嫌悪に陥るくらいであれば、コントロールしようとなどしない方がいいのである。

どんな感情が出てきたとしても、ありのまま受け止め、肯定し、感情に寄り添うことが、ネガティブな感情の癒しになる。感情はなかったことにはできないし、コントロールしようとしてもそれは一時しのぎにしかならず、結果的に長い時間そのネガティブな感情にとらわれることになってしまうのだ。

(広告の後にも続きます)

◾️どんなにすごい成功者でもネガティブな感情にとらわれる

どんな成功者であってもマイナスな感情、ネガティブな感情を持つこともある。困難や苦しみはどんな人にも等しく訪れるからだ。

ただ、彼らはその感情にとらわれている時間が短い。それは、自分の身に起きた出来事の理解の仕方や意味づけによる。

どんなに苦しいことが起きても、その出来事から何らかの意味やメリットを見出せる人は、ネガティブな感情からの立ち直りが早い。これは、ネガティブな感情をポジティブに変換しているのとは違う。どんな出来事であっても自分の糧にしようという意識から生まれるものであり、感情だけを無理に捻じ曲げようとしているのではない。困難にすら意味を見出し、感謝するメンタリティを持っていることが、成功する人の条件の一つなのかもしれない。

自分の感情の扱いを覚えることで、困難も障害も自分の味方になる。そうなった人が夢や目標、願望を現実に変えていく。

本書ではそんな強くしなやかな人になるための方法が解説されており、メンタルの不安定さ、弱さに悩む人に自分を変えるヒントを与えてくれる。2024年を最高の年にするために、そして「最高の年」を毎年更新していける人になるために、手にとっておきたい一冊だ。

(新刊JP編集部)