アメリカ航空宇宙局(NASA)は2023年12月8日付で、「ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope:HST)」が同日に科学観測を再開したと発表しました。発表時点では「広視野カメラ3(WFC3)」と「掃天観測用高性能カメラ(ACS)」の運用が再開しており、「宇宙起源分光器(COS)」と「宇宙望遠鏡撮像分光器(STIS)」は2023年12月後半の運用再開が予定されているということです。【最終更新:2023年12月9日10時台】

【▲ 地球を周回するハッブル宇宙望遠鏡(Credit: NASA)】

既報の通り、ハッブル宇宙望遠鏡は現在3基稼働しているジャイロスコープ(ジャイロセンサー、角速度センサー)のうち1基に生じた不具合の影響で、2023年11月23日からセーフモードに入っていました。NASAによると、問題が生じたジャイロスコープの分析を進めた結果、運用チームは3基のジャイロ全てを使って科学観測を再開できると12月7日までに判断していました。

ジャイロスコープは姿勢制御に関する機器の一つで、望遠鏡が向いている方向を検出するために搭載されています。普段のハッブル宇宙望遠鏡は効率を最大限高めるために3基のジャイロを同時に使用していますが、姿勢を検出する他のセンサー(磁力計、太陽センサー、スタートラッカー)と連携することで、1基のジャイロだけでも科学観測を行うことが可能とされています。

現在ハッブル宇宙望遠鏡で使用されているジャイロスコープは、2009年5月に実施されたスペースシャトルによる5回目のサービスミッション(STS-125)で交換されたものです。この時に取り付けられたジャイロは全部で6基ありましたが、前述の通り今は3基が稼働しています。スペースシャトルは2011年7月に退役したため、ハッブル宇宙望遠鏡のサービスミッションはこの5回目が最後となりました。

【▲ ハッブル宇宙望遠鏡の姿勢制御に関する機器の配置を示した図。ジャイロスコープ(Gyros)は望遠鏡が向いている方向を検出するために搭載されているセンサーで、望遠鏡の回転速度を測定している(Credit: NASA)】

関連記事

・ハッブル宇宙望遠鏡が科学観測を中断 ジャイロスコープの1基に不具合(2023年12月1日)

・NASAとスペースXが「ハッブル」宇宙望遠鏡の軌道高度上昇ミッション検討へ(2022年10月2日)

 

Source

NASA – NASA’s Hubble Space Telescope Returns to Science Operations

文/sorae編集部