社員が社長を評価したら不満続出⁉中小企業の社長はどのように自己改革をするべきか


人事評価システム開発の「あしたのチーム」が、全国の中小企業社員300人を対象に実施した調査*によると、自社の経営者に対する不満が予想以上に高いことが分かった。「考えが古い」と言われないため、社長には自己改革の必要があるようだ。

目次本記事の内容

社長への不満が転職のきっかけに

社長に対する不満のトップは後継者の育成に関することで、それに社会・技術革新への対応が続いている。自社の将来と時代の変化に対して、社長が向き合う姿勢が評価されていないようだ。こうした不満から転職を考えた社員の割合は37.3%にのぼり、実際に退職した割合も30%に達している。会社の人材確保の面で、見逃せない要素だといえる。

(広告の後にも続きます)

求められる価値観の変革

社長の考えが古いと感じることがあるかという質問では、実に64.6%が「よくある」と「たまにある」と答えている。とくに労働に関する価値観や考え方が古いという意見が多く、社員は社長に時代の変化に合わせてほしいと考えているようだ。会社自体の体質が古いという意見も多く、社長だけが問題ではないことも考えられる。