アメリカ空軍のコントラクターとして1975年に初声を挙げたアヴィレックス。数々のパイロットたちを支えてきたフライトジャケットは名作として語り継がれ、現在のファッションシーンにおいても、いまだ現役で活躍し続ける。

ヴィンテージディテールに惚れるMA‒1。

TOP GUN MA-1 CUSTOM


ワッペンが配されたトップガンカスタムのMA-1。フラップのないフロントポケットとICSコードループ、表地と同系色の裏地などは初期型のディティールを採用。ヴィンテージラインの仕様通り、日本製ナイロンやウールリブ、中綿にはウールモッサを使用している。7万5900円

MA-1 VINTAGE

いわゆる3rdモデルとされるMIL-J-8279Bの前期と中期の間の1959年モデルにフィーチャーしたMA-1。ヴィンテージラインとして使用したマテリアルは、通称「66ナイロンツイル」と呼ばれる高密度で耐久性の高い素材だけでなく細部にわたり、再現した。5万3900円


MA-1 BLACK

直営店限定で販売されるブラックのMA-1。ヴィンテージラインのオリーブドラブカラー同様、ベースとなるモデルはM-J-8279Bをモチーフとしている。ヴィンテージに比べ、やや着丈を長くすることでファッションシーンで活躍する都会的なスタイルに仕上がっている。5万3900円


(広告の後にも続きます)

コットンとナイロンのそれぞれの表情を楽しむ。

L-2B VINTAGE

夏季用フライトジャケットとして1950年代に登場したL-2B。ベースとなるのは初期型の「SPEC.MIL-J-7448A」。通常、ライニングに使用される生地はレーヨンとウールの合織り素材だが、アヴィレックスでは着用しやすいようレーヨンコットンサテンを使用。4万6200円




VINTAGE B-15A MOD

MA-1の前身モデル、B-15A MOD。 マテリアルには高密度に織られたコットンギャバジンを採用し、両胸には酸素マスクのホースをクリップで固定するための三角形の革製タブを装備する。ライニングには短く仕上げたウールボアを採用。5万5000円