TDLの「選ばれし人にのみ渡される”調査カード”」を知ってる? – 元キャストが解説!

コロナ禍が明けて、久々に行動制限なくレジャーを楽しむことができている2023年。忘年会やクリスマスなど全力で遊びまくりたい12月に、全国民が遊びに行きたい場所といえば、東京ディズニーリゾートである。開業40周年をお祝いするムードとクリスマスの華やかさがマッチして、とんでもなく幸せあふれるムードいっぱいのパークを近々訪れる予定の方も多いのではないだろうか。

そのような東京ディズニーリゾートで、最近密かに1枚のカードがSNS上で話題になっている。今回は、出会えたら少し嬉しい気分になるレアカードについてご紹介します。

夢の国の「調査カード」ってなんだ!?

今回ご紹介するレアカードは、Intel信じtel学生Ver1.1.3#生徒会執行委員@nikujaga_2221さんが紹介しているこちらだ。



(画像は「Intel信じtel学生Ver1.1.3#生徒会執行委員(@nikujaga_2221)」さん提供)

ディズニーの楽し気なテンションから一転、「調査にご協力ください」と物々しい文字が並んでいる。一体、このカードはなんのために存在するのか、皆さんはご存じだろうか。僭越ながら、実は”元キャストとしての勤務経験をもつ”筆者が解説させていただこう。

(広告の後にも続きます)

元キャストが解説! 夢の国「調査カード」の秘密



(Image:Dasian / Shutterstock.com)

ディズニーリゾートの「調査カード」ってなに?

東京ディズニーリゾートに遊びに行ったことのある人ならわかるだろうが、各アトラクションの入り口にはおおよその目安となる「待ち時間」が表示されている。近年では公式アプリから、乗り物の待ち時間のみならずレストランやフードワゴンの待ち時間までが確認できるようになっており、ゲストがストレスフリーにパークを楽しむことができるような工夫が施されているのだ。

この待ち時間だが、何を基準に表示されているか考えたことはあるだろうか。もちろん、アトラクションキャストは「大体このあたりまで列が伸びているから、30分待ちぐらいかな」という経験則をもっている。しかしながら、憶測だけでは実際の待ち時間とのズレが発生してしまい、ゲストの貴重な時間を無駄にしてしまう可能性もある。

そこで用いられるのが、この調査カードだ。調査カードの下部分にバーコードが書かれているが、まずは待機列(舞浜用語ではQラインという)の一番後ろにいるキャストがこのバーコードを読み込んで、ゲストに手渡す。ゲストがアトラクションに乗車する際、乗り場のキャストにこのカードを渡すと、キャストが再度バーコードを読み込む。これにより正確な待ち時間がわかる仕組みとなっているのだ。

筆者の記憶だけでも、15年以上前から存在している調査カードではあるが、近年はとくに公式アプリで正確な待ち時間を表示する必要が高まって配布頻度が増えたこと、SNSの普及にともなってカードの存在が拡散されるようになったことから、注目が高まっているのだ。