カウボーイにとってツールであり、身に着けることにプライドを持つ唯一無二のデニムブランドであるラングラー。アメリカの三大デニムデニムブランドの中でもっとも後発ながらも、カウボーイたちから絶大な支持を得ている理由は、圧倒的な機能美。そのタフさと動きやすさは、様々な道のプロから愛された。今回の加工にフォーカスしたシリーズは、架空の人物を立て、物語のある色落ちを体現。

“WORN-OUT STORY” シリーズ!


フランツ・ベルガー(1948-1996)|19歳でオーストラリアからNYに渡り、デパートの広告写真の撮影からキャリアをスタートしたカメラマン。報道写真、スポーツ写真のジャンルで活躍し、チョッパーに跨り、フォトジャーナリストとして活動。ラングラーを上下に身にまとい、全土を旅しながら、リアルな社会を描写。自身が体験した人種差別や孤独をテーマにした作品が話題に

ジーンズの色落ちは、まさに十人十色だ。当シリーズは、ラングラーにしかできない奥行きのある色落ち加工にフォーカスしている。平面で単一的なヴィンテージ加工ではなく、“どのような職業で、どのようなライフスタイルを送り、ラングラーのデニムを相棒として使っていたか?”というコンセプトで、架空の人物を立て、ストーリーを感じられるエイジングを体現している。今回の人物は、チョッパーに跨り、全米を回り、リアルなアメリカを写した報道カメラマンである。



(広告の後にも続きます)

1.13MWZ[WU5013-36]

1960年代後半のヴィンテージデニムを解析し、再構築したオリジナルデニムを使用。当ブランドらしい両脇が巻縫いとなった仕様で、テーパードを加えたモダンなストレートシルエットに。カメラマンゆえに膝をついた姿勢が多く、強いアタリが生まれている。またバイク乗りらしいハッキリとしたヒゲも特徴だ。2万6400円


ジャストサイズで穿き、日常的にチョッパーに乗っていたことから、ハッキリとした髭が出ている。全米を回るゆえに、洗濯頻度は高くなかった


カメラマンという仕事柄、地面に膝を付くようなシチュエーションも多く、そのため膝に強いアタリが生まれている。耐久性の高さから破れはない

ミリタリーとデニムに身を包み、リアルなアメリカを撮り続けた

カメラマンにとってワードローブに求めるのは、ハードユースに耐えられるヘビーデューティな作り。カウボーイたちが愛したブロークンデニムは、彼の要望にぴったりだった。トップスはスリフトで見つけたダックハンターカモ。タフでポケットの多さが気に入っている。