スペシャルティコーヒーとのマリアージュで更なる美味しさの高みを目指すロースタリーカフェ。店内に焙煎機を備えつつも、食事やスイーツなどのフードメニューにも力を注いでいるのが特徴だ。高円寺の閑静な住宅街に佇む「ジュールヴェルヌコーヒー」。SF小説の世界に飛び込んだかのような世界観を持つこだわりのお店で飲む一杯は格別なものがある。

のんびりしたひとときをコーヒーとともに過ごす。


「ゼロからオシャレにしたい」という思いから、内装のほとんどを小山さんがリノベーションした店舗となっている

高円寺に店を構えるきっかけは、オーナーロースターの小山彰一さんが俳優であったこともあり、中央線沿線と馴染みが深いため。「ジュールヴェルヌコーヒー」という店名の由来を次のように語ってくれた。

SF小説作家であるジュールヴェルヌは、作品を頭の中で想像して書きますよね。長いときは何年もかけてゆっくりと作品を作る。そういったゆったりとした時間の流れが、スピード重視の現代に必要だと思うのです。心を込めて焙煎した豆で淹れたコーヒーの香りやフルーツサンドの美味しさをしっかりと味わってほしい。

そのため、このお店に来た時くらいはスマホはバッグにしまって時間を過ごしてほしいと思っていますが、自分も使うので言えません()


小山さんが愛読するジュール・ヴェルヌの蔵書

ここ数年、他のソフトドリンクが流行って若年層のコーヒー離れを肌で感じるので、カフェのスイーツメニューで惹きつけてコーヒーを紹介している。

「同じコーヒー豆でも焙煎度合いや抽出方法で味が全く異なるのです。飲み比べる楽しさにも気付いてもらえたら嬉しい」と店長の亜希子さんは語ってくれた。


焙煎機はオランダのギーセン社製。6kg釜と聞くと小さい様に感じるが、とてもひとりでは移動もできないほどの重量がある


小山さんいわく、抽出速度が変えやすいためフラワードリッパーを使用している


陶芸家の望月万里さんが制作した益子焼のカップ。手ざわりがとてもいいのでつい長く持ってしまう


来店客に人気の世界地図。室内装飾も空に関するものが多い


どんな時でも笑顔が絶えないおしどり夫婦だ

(広告の後にも続きます)

人気のコーヒー豆を紹介!

[豆の種類]

シングルオリジン 6種類

ブレンド 3種類

シングルオリジンは常時4種類を扱う。半年に1回ほどで扱う豆が変わる。

[抽出方法]

ドリップ

[焙煎機]

ギーセン/半熱風式/6kg

【シングルオリジン】イルガチェフェG1

焙煎度合いを調整しているため、酸味が好きな人にオススメのコーヒー豆である。ジャスミンの香りの立ちが早く、すっきりとしたコクやシルキーな後味も魅力。

産地:シティオピア

焙煎:ハイロースト

精製方法:ウォッシュト

香り:ジャスミン

酸味:マイルド

コク:すっきり

後味:シルキー

【シングルオリジン】ガンボア

酸味と苦味のバランスがちょうど良いコーヒー豆。最初にナッツの香りが広がり、最後はハチミツのような甘味が感じられる。

産地:コスタリカ

焙煎:フルシティロースト

精製方法:ウォッシュト

香り:ナッツ

酸味:マイルド

コク:バランス良い

後味:はちみつ