ドウシシャ、ゲーミングブランド「AVISTA」立ち上げ。4K/160Hz対応機などゲーミングモニター3機種

ドウシシャは、同社初のゲーミングブランドAVISTA(アビスタ)の立ち上げを発表。シリーズ第一弾製品として、ゲーミングモニター3機種を公式オンラインストア「ドウシシャマルシェ」などで販売する。価格はいずれもオープンだが、公式オンラインストア価格は以下の通り(いずれも税込)。なお、発送は5月27日以降より順次となる。

・23.8型フルHDゲーミングモニター「DGF230SBB」17,980円

・27型QHDゲーミングモニター「DGQ270SCB」29,980円

・27型4K UHDゲーミングモニター「DGX270SCB」64,780円

AVISTAブランドは、ドウシシャが新たに立ち上げたゲーミングモニターブランド。同社にて長年ゲーミングパソコンの企画開発に携わってきた開発責任者が、家庭用テレビ開発で培われた同社独自の映像技術とノウハウを活かした製品づくりをおこなうとしている。ブランド名は「Amusing(人々を楽しませる)」、「Augmentation(身体・時空間の拡張)」、「Affinity(人との協調、社会との共生)」の頭文字“A”と「Vista(美しく広がる景色、未来への予想・展望)」を組み合わせたという。

国内のゲーム市場規模が拡大を続ける一方で、多機能化した既存のゲーミングモニターは利用者の体験価値よりもカタログスペックの性能向上が優先されるなど、ゲームプレイヤーが本当に欲しい、認識できる機能になっていないのが現状と同社は指摘し、価格・サービスにおいて、ユーザーの幅広いニーズに対応できるゲーミングディスプレイを製品化するとアピールした。

3モデルはそれぞれサイズ、解像度、入力端子数や表示色域などが異なり、用途や予算に応じて最適な一台を選択できるよう配慮した。

また共通で、液晶は高速応答かつ色彩表現に優れたFast IPSパネルを採用。HDR10にも対応する。ディスプレイと映像出力側の信号を同期させることで映像のずれ画面のカクつきを抑制するAdaptive-Syn cや、目の負担を抑えるブルーライトガード機能、フリッカーフリー技術も搭載した。

映像入力端子としてDisplayPortとHDMIをそれぞれ備えているほか、USB Type-A/B/Cも搭載しているため、さまざまな機器との同時接続・給電がおこなえる。

DGF230SBBの表示解像度は1920×1080(フルHD)、サイズは23.8型で、最大表示色は約1670万色(6bit+FRC)。最大リフレッシュレートは180Hz、応答速度は1ms(MPRT)。入力端子にDisplayPort×1基、HDMI×2基を備える。

DGQ270SCBの表示解像度は2560×1440(WQHD)、サイズは27型で、最大表示色は約1677万色(8bit)。最大リフレッシュレートは180Hz、応答速度は1ms(MPRT)。入力端子にDisplayPort×2基、HDMI×2基を備える。

DGX270SCBの表示解像度は3840×2160(4K UHD)、サイズは27型で、最大表示色は約10億7000万色(8bit+FRC)。最大リフレッシュレートは160Hz、応答速度は1ms(MPRT)。入力端子にDisplayPort×1基、HDMI×2基を備えるほか、USB Type-Cも1基搭載した。