ファーウェイ、“ノイキャン性能100%アップ”の完全ワイヤレス「HUAWEI FreeBuds 6i」

ファーウェイ・ジャパンは、完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 6i」を6月18日に発売する。カラーはブラックとホワイトの2色。価格はオープンだが、税込14,800円前後での実売が予想される。

前モデル「HUAWEI FreeBuds 5i」からアクティブノイズキャンセリング性能を100%高め、 “高コスパ” をアピールする完全ワイヤレスイヤホン。さらにドライバーの駆動力も50%アップしたとしている。

ノイズキャンセリングについては、最上位モデルにも搭載するインテリジェント・ダイナミックANC3.0を採用しており、環境ノイズのモニタリングを毎秒約384,000回行い、1秒以内にノイズを低減するという。

片側あたり3つのマイクを搭載したことに加えて、アルゴリズムの演算能力が240%向上。平均27dBのフルレンジノイズキャンセリングを実現する。後述するドライバーの強化についても、逆音波に対する反応向上に貢献しており、たとえば車内でのノイズキャンセリングが高まっている。また5kHzの超高域についても、ノイズキャンセリングが行えるとのこと。

さらにパッシブノイズキャンセリング性能も高められており、ノイズフィルター構造と新しい防音イヤーチップにより、人の声に対するキャンセル効果が強くなったという。

ドライバーは11mmのクアッドマグネットダイナミックドライバーとなり、上述の通り前モデルから駆動力を50%向上。再生周波数帯域は14Hz – 40kHzとなる。専用アプリ「HUAWEI AI Life」からは、10バンドのカスタムEQ調整機能も利用できる。

これまでフラグシップモデルのみに搭載していた、リスニング最適化アルゴリズムを3種類搭載。ユーザーの装着状態と外耳道の構造特徴をリアルタイムで検出して最適化するほか、音量を調整しても音程が一定に聴こえるよう自動調整するという。

通話については、マルチチャンネルディープニューラルネットワーク(DNN)通話ノイズリダクションアルゴリズムを搭載。人の声とノイズを識別してノイズを除去する。またフィードフォワードマイクの通気口設計とL字構造により、風切り音についても配慮している。

イヤホンの形状は、約1000万人の人間の耳のデータをもとにシミュレーションテストを行い、耳の中に挿入する体積を、前モデルから約6%削減。特にイヤホンの横幅、斜めの高さ、先端部の幅を改良し、フィットしつつも圧迫感を低減したとしている。

Bluetoothバージョンは5.3で、対応コーデックはSBC、AAC、LDAC、L2HC。連続使用時間は、イヤホン単体で約8時間、充電ケースとの組み合わせで最大35時間(ノイズキャンセリングがオフの場合)。10分の充電で約4時間再生可能な急速充電にも対応する。