【バイクへの憧れを抱かせる傑作】HONDA「モンキー125」はすこぶる調子のいい一台/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.33の画像一覧

モノ・トレンド雑誌売上No.1「MonoMax」の編集長・奥家が、今一番気になるモノやトレンドを紹介する連載企画。今回は、新カラーでいっそう個性的に仕上がったHONDA「モンキー125」に試乗してみました!

モンキーはバイクへの憧れを抱かせる傑作だ!

初代モデル「Z50M」が1967年に生まれたHONDAのモンキー。50ccエンジンを搭載した小さくてかわいい存在は、バイク乗りなら一度は載ってみたい名車でした。かくいう私も、憧れをいただいた最初のバイクがこれ。近所に兄ちゃんがモンキーに乗って走り抜けていく様子を見て、いつか私も乗っていたい!と興奮したものです。当時の憧憬は今も健在みたいで、趣味でこれまで10体以上のモンキーのプラモデルを組み立てたほどです。

時代の流れから50ccタイプは生産終了となってしまいましたが、2018年からは125ccタイプが発売され、モンキーの魅力は今なお受け継がれています。

HONDA「モンキー125」メーカー希望小売価格 ¥440,000(税込)

モンキー125は、初代モデル「モンキーZ50M」より引き継がれている台形フォルムのスタイリングを踏襲しつつ、剛性感のある倒立フロントフォークやクッション性に優れたシートを採用するなど快適な乗り心地の車体に、力強い出力特性の空冷・4ストローク・OHC・123cm3単気筒エンジンを搭載。幅広い層のお客様に好評を得ているモデルです。(公式webサイトより)

(広告の後にも続きます)

まさに人馬一体! キビキビとした走りが小気味いい!

そんな憧れのバイクに試乗してきました!


いや~、久しぶりにバイクを乗る楽しさを味わった気がしました。

小型ボディ&小径タイヤのモンキーは独特の乗り心地があるのですが、すぐに慣れて、キビキビと操れるのが楽しいんですよね。50ccタイプも試乗したことがありますが、125ccタイプのこちらは加速感も確かで、その点でも乗る楽しさが向上。馬力のあるバイクだと力強さが味わえる一方で“乗せられている感”もあったりするのですが、この「モンキー125」は人馬一体感がかなり優れていました。

小型でありながら、ライディングポジションに窮屈な感じがしないのもいいところ。自然体で、風を切る心地よさを味わえました。


乗り心地のよさは、搭載されているロングストローク設計の123cm3単気筒エンジンにもありました。単気筒ならではの鼓動感だったり低中速域の豊かなトルクだったりが、体に心地よく伝わってきました。エンジン音も意外と力強くて好み。けっこう、こういうところで違いって出るんですよね。


また「モンキー125」といえば、シートの位置が低くて足つきがいいことも魅力。シート高は776mm。平均的な身長の私でも、余裕で両足をべったりと地面に着けられました。傾斜地で停車するとき、シートが高いと不安定になって最悪立ちゴケしてしまいますから……。そういう安心感はすごく大きな利点だと思います。


フロントには倒立式フォークを、リアにはツインショックをマウント。これの性能もよくて、車道に出る際に段差を乗り越えても衝撃をスムーズに吸収。街乗りはもちろん、ちょっと路面状況の悪いところでも快適に走行できそうでした。