上昇し続ける「金」価格…新NISAで買える「金」投信は? 為替ヘッジあり・なしはどう決める?

世界的に有事ムードが高まり、株式市場が不安定な動きを見せるようになると、たびたび安全資産としての金(ゴールド)に注目が集まる。3月以降の金価格上昇のニュースを目にして「やっぱり金は持っておいた方が良いのでは」と思った人も多いはずだ。あるいは、これまで何度も金投資を検討したものの、「今が高値でこれから下がるのでは」と不安になり、なかなか一歩を踏み出せずにいるという人もいるのではないだろうか。

そこで今回は、新NISAで実現できる、「失敗しない」金投資のポイントについて解説する。

「名バイプレイヤー」として金を取り入れる

金の投資タイミングに翻弄(ほんろう)されてしまう人は総じて、金を保有資産の「主役」として捉えがちだ。「安いところで買って、高いところで売る」のが投資の王道ではあるが、金については、最初から分散投資の一つのパーツ、つまり、「脇役」として考えた方がよい。なぜなら、金に期待する役割は2つあるためだ。

1つは、株式や債券といった伝統的資産の補完。そしてもう1つは、分散効果による運用効率の向上である。分散投資は、時間分散と資産分散の掛け合わせによってその効果が最大限に発揮される。時間分散は、積み立てを実践することで自動的に実現できるが、資産分散を実践するには一工夫を加え、性格の異なる資産を組み合わせる必要がある。例えば、既に株式を保有、あるいは、積み立てているなら、金は格好の分散先と言える。

分散効果を着実に享受するには、購入と売却のタイミングで狼狽するのではなく、ポートフォリオの「緩衝材」として捉えることがまずは重要だ。目安となる割合は、ポートフォリオ全体の10%程度、多くても30%程度と考えておくとよい。

(広告の後にも続きます)

金価格の値動きを投資信託で享受するなら

新NISAで金に投資する方法としては、ETF(上場投資信託)と投資信託がある。投資方針上、金価格の値動きをおおむね捉えるよう設計された追加型公募投資信託のうち、新NISAの対象は16本(2024年4月末現在。すべて成長投資枠のみ)存在する。

※データはすべて2024年4月末時点。筆者作成。
クリックすると、拡大して見られます。

このうち、「三菱UFJ 純金ファンド」と「ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)/ (為替ヘッジなし)」を除く13本は、金ETFの代表格である「SPDRゴールド・シェア」(「SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト」を含む)と「iシェアーズ ゴールド・トラスト」のいずれか、または、その双方に投資することで、金価格の値動きを捉えるよう設計されている。金価格のベンチマーク・参考指数としては、金現物取引の世界指標であるLBMA金価格が掲げられている。LBMA金価格とは、ロンドン時間の午後に公表される1トロイオンスあたりの金現物価格(米ドル建て)のこと。為替変動の影響を直接受ける「為替ヘッジなし」では円換算ベース、為替変動リスクの軽減を図る「為替ヘッジあり」では円ヘッジベースがそれぞれ使われている。

「ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)/ (為替ヘッジなし)」は、金ETFを用いず、ファンド・オブ・ファンズ形式で実質的に金の現物に投資を行う。また、「三菱UFJ 純金ファンド」は、全16ファンドの中で唯一、日本国内の取引所における金価格を反映するという点に特徴がある。

金価格連動型は、一般的なアクティブファンドのように銘柄選定力を試されるものではなく、実際に、各ファンドの運用成績に大きな差は見られない。強いていえば、国内金価格を反映する「三菱UFJ 純金ファンド」だけ、他のファンドと比べて運用成績に若干の差が生じるぐらいだ。単品で保有するというよりは、あくまでもポートフォリオの一部として取り入れるタイプの商品のため、特定のファンドにこだわりすぎない方が良い。