金正恩氏、240ミリロケット砲の試射を視察

北朝鮮の金正恩総書記(国務委員長)が10日、240ミリロケット砲弾の試射を視察した。朝鮮中央通信が11日、伝えた。

朝鮮労働党中央軍事委員会の朴正天(パク・チョンチョン)副委員長(党中央委員会書記)、趙春龍(チョウ・チュンリョン)労働党中央委員会書記、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の李永吉(リ・ヨンギル)総参謀長、金正植(キム・ジョンシク)労働党中央委員会第1副部長と国防科学院のキム・ヨンファン院長が同行した。

同通信によると、金正恩氏は「技術更新された240ミリロケット砲兵器システム」を確かめ、「複数の国防工業企業所で生産した操縦ロケット砲弾」の試射を視察した。

ロケット砲兵器には、「自動射撃総合指揮システムが導入され、2024年から2026年までに朝鮮人民軍の各部隊に交換装備するようになる」という。

金正恩氏は、「技術更新されたロケット砲兵器システムと操縦ロケット砲弾の生産を最高の水準に引き上げるための国防経済事業にさらなる拍車をかけるための方途を討議し、重要な課題と方向を提示した」という。

同通信は、「わが軍の砲兵戦闘力の強化において間もなく、重大な変化が起こるようになる」と強調した。