新NISAで「やってはいけない」2つの投資とは? “性格に合った投資先”を選ぶ方法も解説

新NISA開始まであと少し。前回の記事ではネット証券と対面証券の違いを紹介しましたが、今回は新NISAで「やってはいけない投資」を2つご紹介します。

①「成長投資枠」でやってはいけない投資

新NISAでは、長期投資に適した「つみたて投資枠」と、個別株や高リスクの投資信託に投資できる「成長投資枠」があります。この2つの枠をどのようなバランスで、どう使っていくか……。その前に、実は注意しておきたいことがあります。それは成長投資枠で、絶対にやってはいけない取引です。

結論からお伝えすると、絶対にやってはいけないことは……「インサイダー取引」の恐れがある行為です。インサイダー取引とは、簡単に言うと「未公表の情報を利用し、フライングで取引してもうけようとすること」です。

例えば、仕事で取引先から情報を得てしまうケース。あなたがA社の財務担当者と話していて、こんな話をポロっと聞いてしまったとき。「いやぁウチの会社、今年は業績が良くてね。今期の利益は、昨年の2倍になりそうなんだよ」……この情報を知り、「なるほど、A社の決算はそんなに良いのか。よし、コッソリ今のうちのA社の株を買っておこう!」このような行為は、インサイダー取引に該当しています。

インサイダー取引に該当するかどうかは、取引数量や、実際にもうかったかどうかはまったく関係ありません。あくまでも“未公表の会社情報を利用し、株式投資などを通じて利益を得ようとしたか”がキーとなります。そのため、「数十万円ぐらいの投資なら良いか」「大きく利益が出たわけじゃないし良いか」は通用しません。バレてしまった場合、金融商品取引法に基づき罰則が科される可能性があります。

新NISAで株式投資デビューした場合、どうしても普段の取引先や親族・友人が勤める会社の株など、自分に身近な銘柄が気になってしまうかもしれません。しかし、あまりにも付き合いの深い先に投資すると、持っている情報によってはインサイダー取引に該当する恐れもある……投資以前に、このような知識はしっかりと前提として持っておきましょう。

(広告の後にも続きます)

②「株価が気になりすぎる人」がやってはいけない投資

インサイダー取引には注意を払いつつ、いざ株式投資にチャレンジ!……と言いたいところですが、人によっては「毎日株価をチェックすると、精神的に負担に感じる」というタイプもいます。実を言うと、本記事を書いている私もこのようなタイプです。

自分が買った株の価格を毎日チェックし、上がったら「売って利益確定しないと!」とソワソワする。そして当然、価格が下がれば「あのタイミングで買わなければよかった……」と落ち込む。以前はこのように、株価が気になって仕方がありませんでした。

では、相場によりメンタルが左右される原因はなんでしょうか。その理由の1つは、「投資のゴールを近くに置きすぎている」ことです。

投資のゴールを数日後、1カ月後などの直近に置くと、どうしても短期の値動きが気になります。逆に言うと、私のように「株価が気になりすぎる人」のメンタルを安定させるためには……投資のゴールを、なるべく先に持ってくること。具体的にオススメしたいやり方は、新NISAのつみたて投資枠を使った定額積立購入です。

毎月決まったタイミングで、同じインデックス型の投資信託を買い続ける。そして投資のゴールは目先ではなく、数十年先を見据えます。長期の目線を持つことができれば、「株価が上がる=もうかった」、「株価が下がる=これからもっと安く買える」と捉えられるようになります。短期の変動には注目せず、「数十年後に上がっていれば良い」という考え方。このような観点を持てば、メンタルも非常に安定させることができます。

このように、「毎月同じ商品を、一定額購入する」という手法は“ドルコスト平均法”と言います。この方法であれば、積立設定さえすれば、あとは自動的に買い付けることが可能。価格変動に惑わされることなく、感情抜きで投資できるのも大きなメリットです。

自分に向かない投資に、無理に手を出す必要はありません。苦手なものは「苦手」と割り切り、自分に合った投資法を見つけることが重要です。