Xiaomi、86型チューナーレス・4Kテレビ「Xiaomi TV Max 86”」。約19.9万円で叶うホームシアター体験

Xiaomi(シャオミ)は、86型のチューナーレス・4Kテレビ「Xiaomi TV Max 86”」をリリース、5月9日より予約販売を開始する。価格はオープンだが、市場予想税込価格は199,000円前後としている。Xiaomi公式サイト、XIAOMI公式楽天市場店、Amazonにてオンライン販売する。また、5月31日までのに購入した場合、早割キャンペーン価格の189,900円(税込)で購入できる。

Xiaomi TV Max 86”は、「ホームシアターへ、ようこそ」のコンセプトの基に誕生したチューナーレス・4Kテレビ。超大型の86型ディスプレイにより、「至高のホームシアター体験を実現する」と同社は謳っている。

パネルは液晶タイプ、解像度は3,840×2,160。LEDバックライトは、ブロックを細かく分けてバックライトの明暗をコントロールする「フルアレイローカルディミング」の採用によって、高いコントラストと明暗の微細なディティールを描けるという。

120Hzの高リフレッシュレートに対応し、加えて高画質技術「4K 120Hz MEMCテクノロジー」を組み合わせることで、ミリ秒レベルのフレーム補間も可能となり、動きの滑らかな映像表現を実現。動きの早い場面が多いスポーツコンテンツ、ゲームコンテンツなどで効果を発揮する。エンジンは、クアッドコアA73 CPUを導入し、3GB RAM+32GB ROMを搭載。

色域はDCI-P3 カバー率90%以上の広色域を誇っており、併せて8bit+FRC技術によって約10.7憶色の色深度を成し得ているという。HDRフォーマットは、HDR 10+/Dolby Vision/HDR10/HLGに対応し、Dolby Vision IQもフォローする。

スピーカーは、15W+15W出力で計4基のドライバーを搭載。ベースブースト設計を施すことで、豊かでパワフルなサウンドを楽しめるという。3Dオーディオ・フォーマットはDolby Atmos/DTS:Xに対応する。

OSはAndroid TV 11を採用しており、Netflix、Prime Video、YouTubeといった動画配信サービスを楽しめるようになっている。また、Google Playストアにて配信されている7,000以上のアプリをダウンロードすることが可能だ。

音声操作はGoogleアシスタント、ミラーリングはChromecast Build-inとMiracastを使用して視聴できる。ワイヤレス機能は、次世代ネットワークのWi-Fi6、Bluetooth ver5.0をカバーする。リモコンもBluetoothタイプを導入。

アルミ合金フレームとオールメタルのスタンドを使用しており、洗練されたメタリックデザインを投入している。

主な入出力端子は、HDMI×3基、光デジタル音声出力×1基、ステレオミニ出力×1基、USB×2基、LAN×1基を搭載。消費電力は450W、外形寸法(スタンド含む)は1924.04W×1181.94H×441.42Dmm、質量(スタンド含む)は約44.5kg。